「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」という映画

imgres

HUMAXシネマズ池袋で「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」を鑑賞してきました。公開を待ちわびていながらやっと……ヒットガールにしばかれるかも(笑)

なんちゃってヒーローとして活躍したキックアスことデイブはヒーローを辞めて普通の高校生に戻りますが、一念発起して再びヒーローとして生きる道を選択。本物のヒーローになるためにヒットガールことミンディの特訓を受けます。
やがてキックアスは彼自身に刺激を受けたカーネル率いるヒーロー軍団と出会いますが、肝心のヒットガールは亡き父との約束で参加せず。そしてデイブの親友だったレッドミストことクリスはマザーファッカーに変身し、財力を活かして強力な悪の軍団を結成。父の仇であるキックアスの抹殺を狙います。
多感な時期のデイブとミンディに問われるヒーローとしての使命。キックアスは次々に周りが犠牲になっていき、それまで黙認していた警察からも追われるなどピンチに陥ります。はたして逆転の秘策はあるのか!?

ヒットガールのドSぶりに磨きがかかっていましたww
デイブとの特訓の鬼っぷり、ミーンガールっぽいセレブなお姉ちゃんに恥をかかされた報復。どうしても隠しきれない過激な言動の数々と強烈。ヒットガールを怒らせたら倍がえしじゃ済まない!!キュートなクロエ最高!!
相変わらず凡庸なキックアスにはなんとなく安心。正義の旗の元に集まった仲間たちも、元マフィアのカーネルを筆頭にヒーローには見えない連中ばかり。ジム・キャリーは久々に観ましたよ。
ヘタレなクリスがかき集めたマザーファッカー軍団の中では、マザー・ロシアの圧倒的な存在感で他が霞むレベル。とりあえず様々なやられ方だったNYPD乙ww
戦闘シーンもバリエーションが多く、クライマックスのバトルではお約束の全員集合。そしてエンドロールの後には続編へのヒントが…

さすがに神がかっていた前作には及びませんが、満足度は高かったです。ツッコミどころが多いのもご愛嬌ww

ジャスティス・フォーエバー!!