『大人ドロップ』と言う映画

imgres

ストーリーは、高校3年生の浅井由(池松壮亮)は、全てにおいて、適当に生きていた。そして、クラスメイトで、親友の岡田始(前野朋哉)がイジメに遭い、使い走りにされていても、見て見ぬふりをしていた。
そんな由と始は、いつも美術室で昼食を取り、一緒に田舎道を帰り、東京から嫁いできた農婦(美波)と世間話をしていた。そんなある日、由は始から、クラスメイトの入江杏(橋本愛)と野中春(小林涼子)がピアノを弾く姿を遠目に見ながら、杏のことが好きだと告げられる。
そこで、由は始に杏をデートに誘うように言うが、始は本人を目の前にすると何も言えなかった。そのため、始は由に恩を売り、由はクラスで前の席で、割と仲の良い春経由で、杏を誘い出すことになった。
そこで、由が春に電話を掛けると、電話の向こうで、彼氏らしき男の声が聞こえ、慌てて電話を切ってしまう。翌日、春は由に何の用か聞いてきたが、由は春の彼氏のことが気になりながら、始のためにダブルデートを頼んだ。
そして、あっさりとダブルデートをすることになったが、由と始の取った行動が、杏を怒らせ、デートは10分で終了し、怒って帰った杏の後を始は追いかけた。そのため、取り残された由と春は、そのままの流れで遊びに行くことになり、由は春との疑似デートを楽しんだ。
その帰り道、春は彼氏のことを聞かない由に苛立ちながら、今しかできないことをしていると由に話した。その後、由は杏に謝ることができず、夏休みを迎えるが、始から杏が高校を辞めることを教えられる。
そこで、由と始はそれぞれ内緒で杏に手紙を出すが、杏はそれぞれに返事を書き、最後の手紙であることを告げてきた。そうして、由と始は、杏のことが気になり、居ても立ってもいられず、杏の手紙の消印から、由と始は200キロ離れた杏のいる和歌山へ旅立つが・・・。

精神的に子供から大人への成長過程を描いた青春ドラマです。
何と言っても、春役の小林涼子の演技が素晴らしかった。
杏役の橋本愛が憧れの存在なら、春役の小林涼子は親しみやすい存在ですね。
そして、明るく誰とでも親しめる春が、実はナィーブな一面を持っているところをうまく演じていました。
また、社会人になれば小石程度のことでも、高校時代には高い壁で、それを乗り越える勇気を持つことが大人になるということを描いていました。
それにしても、エンドロール直前で、オチきっておらず、一瞬焦りましたが(笑)、エンドロールが終わるころには、良い映画を観たなぁとなりました。
まあ、ラストのオチを中途半端と取るか、余韻と取るかは、人それぞれですが、こういう余韻を誰かと話したくなる映画ですので、一人でも複数でも楽しめる映画ですよ。