『ザ・マスター』と言う映画

imgres

結構前ですが同じポール・トーマス・アンダーソン監督作品の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を見たのですが、感想にまとめることが出来なかったのを覚えています。あまりに様々な感想があり、それを文章に出来なかったんです。とても特殊な映画体験だったと思ってます。ダニエル・デイ=ルイスとポール・ダノの役者の演技が素晴らしかったですし、因果応報と言いますか、考えないとワカラナイ、お持ち帰りの思考時間がとても長くなる映画だったんですが、今作「ザ・マスター」も、この系譜です。まさに持って帰るモノが大きすぎる大作でした。

 

今回も結構前に見た映画ですし、感想もまとめられないまま置いてあったんですが、フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなってしまった事でどうしてもまとめてみたくなりました。この映画の主役フィリップ・シーモア・ホフマンとホアキン・フェニックスの演技は本当に素晴らしかったです。

 

第2次世界大戦を兵士として従軍したフレディ・クレル(ホアキン・フェニックス)は非人道的な行為に加担したためか、PTSD(心的外傷後ストレス症候群)のような症状と、アルコール中毒に悩まされ、定職につけずに心の赴くままに生きていますが、あるきっかけで不思議な船に密航します。その船は新興宗教家ランカスター・ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)のものだったのですが・・・というのが冒頭です。

 

作品そのものの評価はとても広い解釈が成り立つ構成なので、フレディやドッドという現実にはあまりお目にかけない奇妙な人物に心馳せることも、物語の渦に身を任せる事も、人の心の闇の深さに恐れおののく事も出来ますし、本当に様々な感想や解釈を受け手である観客が持ち帰る作品ですので、それぞれのシーンの意味を反芻しながら見終わった後で何度も繰り返し考えたりしてしまいます。

 

映像も、音楽も素晴らしく、そのうえ役者の演技も素晴らしいのですが、新興宗教を扱っている部分で、興味を削がれる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、あくまで人間的魅力あるキャラクターだと考えていただければ間違いないと思います。ある意味フレディとドッドという2人の男の関係性の物語だと私は思っています。

 

新興宗教という非常に怪しげな世界に生きる男であるドッドを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンの怪演が光る作品です。私は神という概念を発明したのが人間だと考える無神論者ではありますが、宗教の持つ偉大さにも大きな価値を感じますし、道徳や規範を促す事や人間の強さを引き出すチカラの大きさも凄いものがあると感じています。
そういった事柄すべてを背負っているドッドという男のキャラクターが確かにあり、胡散臭さを感じさせつつも、信念を押し通す魅力があるのです(ただ、私は『前世』という考え方そのものは否定しますし、あるかないか?ワカラナイモノは分からないままにしておきたいです、あると考えることで楽になったり苦しくなったりという事そのものを受け付けたくありません。もしどうしても、というのであれば、前世を証明してもらいたいです、科学的に、反証できるように)。その魅力が、フレディというまたひとつ別の、大きな心の傷を持ち、何かが壊れてしまった男を惹きつけた事で生まれる関係性が面白いのです。
ドッドが最期に歌う曲(きっと村上春樹さんの短編集のあるタイトルの曲です)のもの悲しさは心の何かを打ちます。
フィリップ・シーモア・ホフマンが好きな方、ホアキン・フェニックスが好きな方、そして監督ポール・トーマス・アンダーソンが好きな方にオススメ致します。

『それでも夜は明ける』と言う映画

imgres

今年のアカデミー賞で作品賞に輝いた『それでも夜は明ける』を鑑賞してきました。
あらすじ:
ニューヨークに暮らす音楽家のソロモン・ノーサップ
(キウェテル・イジョフォー)は生まれながらの自由黒人。
妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ、幸せな日々を送っていた。
だがある日、2週間の興行に参加した彼は、興行主に騙され
拉致された末、奴隷市場に送られてしまう。
自分は自由黒人だとどれだけ必死に訴えようが、
無駄な抵抗だと悟るのに時間はいらなかった。
そして名前も人間としての尊厳も奪われ、奴隷として
大農園主フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)に買われていく。
それでも農場では、その有能さを認められ、温厚なフォードに
気に入られるソロモンだったが…

感想:
オスカー作品賞に輝いた作品で、受賞直後の最高のタイミングでの公開です。
しかしながら、内容は娯楽性皆無のアメリカの歴史の暗部を正面から
描いており、多くの映画会社が製作を断ったのも分かります。
タランティーノの『ジャンゴ 繋がれざる者』でも描かれてはいますが
これは、娯楽作品に昇華させておりますが、タブーな題材に真っ向勝負を挑む
あの名優と同名のスティーヴ・マックィーン監督は、これでもかとズシンとくる
描写を観る者に突きつけます。主演のキウェテル・イジョフォーに
人間の暗部の象徴のような役柄を演じたマイケル・ファスベンダーに
ねちっこくて嫌な小物を演じるのが妙にはまるポール・ダノ等の
迫真の演技が見物です。アカデミー助演女優賞を獲得した
ルピタ・ニョンゴについては、身体を張った演技が評価されたのかなと。
そして、制作者として作品賞のオスカー像を受け取ったブラッド・ピットが
物凄くかっこいい奴で終盤に登場します。これぞ役得ですな。
本作の製作にあたって、結果として、自らの製作会社Plan Bが
パラマウントと揉めてしまったけれど、本当良かったねと。

作品としての出来には文句のつけようが無いけれど
2013年を代表する歴史に名を刻む名作なのかという点については
意見が分かれる事でしょう。映画史という意味で考えれば
『ゼロ・グラビティ』の方が革新的で、映画に新しい可能性を示したと
私個人は思っております。それでもなお、この『それでも夜は明ける』が
作品賞を受賞したのは、アカデミーの協会員(白人の老人が大半を占める)が
アメリカの歴史の暗部を正面から描いた作品にたいしての
畏敬の念やら、自らの先祖達の行いに対する懺悔が多分に含まれた結果なのではと。
間違ってもデートムービーとしは選択しないで下さいね。
鑑賞後に重たい空気になりますよ、きっと。
(点数:80点)

原題:12 YEARS A SLAVE
製作年度:2013年
製作国:アメリカ
監督:スティーヴ・マックィーン
出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー
ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ
ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ
サラ・ポールソン、ブラッド・ピット
アルフレ・ウッダード、ドワイト・ヘンリー
ブライアン・バット、アシュリー・ダイク
ケルシー・スコット、クヮヴェンジャネ・ウォレス
タラン・キラム、クリストファー・ベリー
クリス・チョーク、アデペロ・オデュイエ
マーク・マコーレイ、マイケル・ケネス・ウィリアムズ
マーカス・ライル・ブラウン、アンワン・グローヴァー
ジェームズ・C・ヴィクター、ライザ・J・ベネット
ギャレット・ディラハント、ジェイ・ヒューグリー

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」と言う映画

imgres

吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。

アンダーグラウンドな音楽シーンに身を置いて人間たちと共存しているが、何かと自己破壊的な言動を取る彼らに対して複雑な思いを抱いていた。
そんな中、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼のイヴ(ティルダ・スウィントン)が、アダムが暮らすデトロイトへとやって来る。
久々の再会を楽しもうとする二人だが、イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が現われる。

もうはじめのシーンから最後までジム・ジャームシュ。
スタイリッシュな映像にサイケな衣装。ポップではないけど、プログレッシブな音楽。
なのにバンパイア映画!
まあ、話はまったりした感じだけど、かなり生きるのに疲れた感じのバンパイアたちなんだよね。
エヴァが起こした事件がアクセントにはなって、最後はロンドンで2人は死ぬのか?と思ったけど・・・
・・・そこでこの映画のタイトルになるわけね。

まあ、結構長い映画だけど、楽しめました。
アダム役のトム・ヒドルストンって「マイティ・ソー」のロキ役だったのね。
ティルダ・スウィントンももう50とは思えない美しさです。

「リンカーン」なる映画

 

imgres

 

昨晩、スピルバーグ監督作『リンカーン』を鑑賞。
世界的に有名な合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの、南北戦争末期から奴隷制を完全に廃止するための憲法修正第13条が採決されるまでを描いた伝記映画だ。

まず最初に思ったのは、主演のダニエル・デイ=ルイス、リンカーンに似すぎ!www
パッケージに載ってる横顔の写真だけでも相当なモンなのに、いざ作品の中で動き回ると「もしかしたらリンカーンって本当にこんな感じだったのかも」と思えるほど演技的にもすばらしいものだった。
よくもまぁこんなそっくりな役者さんを引っ張ってきたもんだ(余談だが、最初、このリンカーン役にはリーアム・ニーソンが充てられていたが、制作年数が長引いてしまったことでリーアム自身が歳を取ってしまい、「リンカーンを演じるにはもう自分は賞味期限切れ」として降板したという。リーアム好きな小生としてはちょっとザンネン涙)。
なお、このリンカーン役でダニエル・デイ=ルイスはアカデミー賞やゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞している。

そもそも日本人にとってリンカーンと言えば「奴隷を解放した人」という認識くらいしかないから、この映画は「アメリカで最も偉大な大統領の1人」とも言われるリンカーンの人物像や当時のアメリカ議会における黒人への認識などを知る上ではいい教材になるではないかと思った。

 

(以下、ネタバレ注意!)
ちなみに本編にはリンカーンが暗殺される場面そのものはない。
息子が演劇場で芝居を見ている最中、「大統領が撃たれた」という報せが飛び込んでくるに留まる。
後はベッドの上に横たわったリンカーンに医師が臨終を告げるというものだが、ここへ至る直前、リンカーンが妻メアリーと出かけるため、閣僚たちに言う「じゃあ諸君、お別れだ」というセリフは、その後に続くホワイトハウスを出て行く彼の背中を移す場面と相まって、かなり韻のあるシーンだった。

やっぱこういうトコ、巧いよね~!(´∀`)
伝記映画や歴史映画は余韻を残して終わってナンボですよ!www

 

▼ 注意! ▼

ここから少し批判的な記事になります。
場合によっては映画のすばらしさを台無しにする可能性がありますので、閲読する際はご注意ください(;´∀`)

さすがアカデミー賞を獲るだけはある名作の『リンカーン』だったが、実は小生、このエイブラハム・リンカーンという人物にはいささか含むところがある。
というのも、確かにリンカーンは「奴隷解放の父」であり、「人民の、人民による、人民のための政治」という今日の教科書にも載っている名演説を打った偉人ではあるが、この人、アメリカの先住民族であるインディアンに対しては、とても奴隷制を廃止したのと同一人物とは思えないほど冷酷だったらしい。

インディアンの大量虐殺を承認し、住んでいた土地から強制的に移住させ、その文化をも捨てさせたという。

1851年に「ダコタ戦争」(これは白人側の呼称である)と呼ばれるスー族との騒乱が起こったが、これは「土地を明け渡す代わりに年金を支給する」という約束をアメリカ政府が破り、インディアンたちを飢えるに任せたことが原因らしい。
しかもこの時、リンカーンの名代として暴動鎮圧に出向いたジョン・ホープなる人物が出した「インディアンは人間ではない。彼らを皆殺しにすることが自分の任務である」という声明にも異議を唱えなかったという。

他にも多くのインディアンたちに対する冷酷な仕打ちの数々をリンカーンは承認している。

人間の平等性を唱えるリンカーンだが、この裏面を知ると、その言葉を額面どおりに受け止めることは小生にはいささか難しい(- -;)

「シャニダールの花」という映画

imgres

 

好き嫌いが別れ易い映画。 というか、
映画の方がお客さんを選んでしまう映画なのかもしれません。

映画の冒頭がすっごくクールで良いんです。
映像も音楽も。かっこいい。
(ぁ、ネタばれしちゃいますけどあせあせ)
主役の植物学者、大瀧の声で静かにナレーションが流れる。
次に暗闇の中から白いうなじを見せた大瀧が現れる。
そして体中から狂気を放ちながら画面を横切る。
題字が出て、数々の綺麗な花のアップ写真の上に出演者の名前が浮かんでいる。
私、このオープニング、大好きです!!!

話は、
限られた女性の胸に花が生えてくる。
その成分で特殊な新薬が作れないものだろうかと目を付けた製薬会社が作った研究所で、彼女たちの花を守り育て、満開になると高額で買い取る。
という『シャニダール社』での出来事から話は動き始めます。

研究所の中に作られた快適な生活スペースで生活する女性たちのセラピストとして入社した黒木華さん演じる響子は、綾野剛くん演じる大瀧とペアを組みます。
お母さんに気を使いながら、悩んだ末入所したハルカ。
両親に恵まれず、コンプレックスや寂しさを抱えながら、でもちょっとプライドの高いミク。
大瀧に恋心を持ち、咲いた花をシャニダール社に売り渡したら出所して大瀧に会えなくなると不安がるユリエ。
彼女たちと接していくうち、響子はこの胸に生えるシャニダールの花に深く深くのめり込んでいき・・・
と、あとはHP で
http://shanidar-hana.com/

物語は空想的なものだけど、映画の中の雰囲気はリアルっぽくてスマートです。
それは演じている人達の演技もあると思うけど、使われている建物(オール神戸ロケで、大学や植物園など)や美術や、衣装のスマートさも多いにあって。
白とベージュ(メタリック?)で統一された研究所内で、でも床はフローリングだったり、対照的に大瀧のプライベートな部屋は森の中を思わせるような植物に満たされた空間だったり、
衣装も、一見シンプルなTシャツのように見えて実は袖や脇に微妙にシャーリングが入っていたりシルエットがおしゃれだったり、
胸に花を守る窓の付いた服はちょっと宇宙っぽく未来っぽくみえても決して突飛ではなく、
そして、監督イチオシ!の白衣については、綾野剛君がとても簡潔で判り易い説明をしています。

芽大瀧の白衣は肩や腕の所に多少の圧迫感があり、それでいて裾の部分は軽やかで前から向かってくる物を全部放出するように風が抜けるようになっていて、
響子の白衣は丸みを帯びていて包容力があり、前から向かってくるものを全て受け止めるような感じ。芽

二人の白衣の違いは着ている二人の性格をよく現わしていると思うんです。

この映画の話の中で、響子はずっと一貫しています。
花にのめり込んでいってからも、自分の胸に花の芽が出てからも。
それに対して、大瀧はだんだん壊れていく、というか・・狂わされていくというか・・・
なので響子と向き合っていると凄く不安定で取り乱して急に大声になったり、独り言で自分を納得させてふさぎ込んだり。

私、「黒木華さんって、上手いな~~~」と思ったのは、そういう二人のシーンでした。
大瀧がどんなに乱れても、まるで、人知れず湧き出ている山奥の泉のように、慈悲深い菩薩様のように、響子は凛として静かに大瀧に向き合うんです。静かなのに、その奥では揺らぎのない小さいけれどしっかりした炎を持っているような。
良いですよ――。はるさん指でOK

この映画、私は好きです。
ただ、ラブストーリーとして捉えるなら、もう少し大瀧が響子を好きになって行く過程を見せて欲しかったし、
ファーストシーンで見せたようなミステリーっぽい話なら、もう少し花と、その花が人(世間)に与える影響を見せて欲しかったな。
・・・と。
あ、いえいえ、そんな事を細々言ってしまうと、この映画の輝きが縮小されてしまうような気もします。
なんで人の胸に花が咲くの??とか、
花を使ってどんな薬を作ろうとしていたの??とか、
話の途中で立ち止まって考え込んでしまわない方が良いんです。

立ち止まったら負けよ

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」という映画

imgres

HUMAXシネマズ池袋で「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」を鑑賞してきました。公開を待ちわびていながらやっと……ヒットガールにしばかれるかも(笑)

なんちゃってヒーローとして活躍したキックアスことデイブはヒーローを辞めて普通の高校生に戻りますが、一念発起して再びヒーローとして生きる道を選択。本物のヒーローになるためにヒットガールことミンディの特訓を受けます。
やがてキックアスは彼自身に刺激を受けたカーネル率いるヒーロー軍団と出会いますが、肝心のヒットガールは亡き父との約束で参加せず。そしてデイブの親友だったレッドミストことクリスはマザーファッカーに変身し、財力を活かして強力な悪の軍団を結成。父の仇であるキックアスの抹殺を狙います。
多感な時期のデイブとミンディに問われるヒーローとしての使命。キックアスは次々に周りが犠牲になっていき、それまで黙認していた警察からも追われるなどピンチに陥ります。はたして逆転の秘策はあるのか!?

ヒットガールのドSぶりに磨きがかかっていましたww
デイブとの特訓の鬼っぷり、ミーンガールっぽいセレブなお姉ちゃんに恥をかかされた報復。どうしても隠しきれない過激な言動の数々と強烈。ヒットガールを怒らせたら倍がえしじゃ済まない!!キュートなクロエ最高!!
相変わらず凡庸なキックアスにはなんとなく安心。正義の旗の元に集まった仲間たちも、元マフィアのカーネルを筆頭にヒーローには見えない連中ばかり。ジム・キャリーは久々に観ましたよ。
ヘタレなクリスがかき集めたマザーファッカー軍団の中では、マザー・ロシアの圧倒的な存在感で他が霞むレベル。とりあえず様々なやられ方だったNYPD乙ww
戦闘シーンもバリエーションが多く、クライマックスのバトルではお約束の全員集合。そしてエンドロールの後には続編へのヒントが…

さすがに神がかっていた前作には及びませんが、満足度は高かったです。ツッコミどころが多いのもご愛嬌ww

ジャスティス・フォーエバー!!