『最後の晩餐』と言う映画

70219782

本日の映画は、「最後の晩餐」です。

ストーリーは、陶芸家を目指すチャオチャオ(バイ・バイホー)と、料理人を目指すリー・シン(エディ・ポン)は、お金はなかったが、共に一流にな るという大きな夢があった。そして、高校で出会い、大学を卒業しても、その想いは変わらず、共に夢を語りながら、楽しい日々を過ごしていた。
そんなある日、リーはチゃオチャオに、いつもの喫茶店でプロポーズをするが、チャオチャオは突然別れを告げた。しかし、納得がいかないリーに対し、チャオチャオは5年後にお互いに付き合っている人がいなければ、結婚しようと話し、それぞれに進むべき道を歩み始めた。
それから、5年が経とうとした時、チャオチャオは上海で陶芸家として成功し、北京で個展を開くことになった。そして、リーは北京の高級レストランのシェフにまで上り詰め、料理コンテストで優勝すれば、三ツ星レストランのシェフの座を射止めるまでになっていた。
そこで、チャオチャオはリーと5年前の約束を果たす日がやってくると思っていたところ、リーから電話が掛かってきた。そのため、浮かれるチャオチャオであったが、リーの言葉は、別の人と結婚するから結婚式に出て欲しいというものであった。
そこで、チャオチャオは親友のマオマオ(ジアン・ジンフー)に個展の準備を任せ、北京に飛んだ。そして、チャオチャオがリーのレストランに行くと、リーから婚約者のチョウ・ルイ(ペース・ウー)を紹介される。
チョウは、レストランのオーナーの娘で、パリで育ち、誰もが振り返るほどの美人であった。その上、心優しく、非の打ち所のない女性で、チャオチャオは気後れしていた。
その時、リーはチョウのウエディングドレスのドレス合せに付き合って欲しいと頼み、チャオチャオは無理矢理、ブティックに連れて行かれる。そして、そのドレスは5年前にチャオチャオが夢見ていた憧れのドレスで、そのことが余計にチャオチャオを落ち込ませた。
しかも、リーはチャオチャオの気持ちを知ってか知らずか、ホテル代わりに二人の新居になる予定のマンションを提供してきた。そのため、チャオチャオはリーを奪い返そうと、マオマオと作戦を練るが、ことごとく失敗に終ってしまう。
そこで、マオマオは助っ人として、北京にやってくるが、なぜかリーはマオマオを疎ましく感じていた。そうして、短くも長い5年の歳月によってでき たリーとチャオチャオの隔たりは、厚い壁となり、さらには、5年前にチャオチャオが選んだ別れの理由が二人の行く末を左右していくが・・・。

オ・ギファン監督の代表作である「ラスト・プレゼント」のような物語だなぁと思っていたら、実は「ラスト・プレゼント」をベースにしたリビルドした映画だそうです。
それは、韓国から中国に舞台を移し、中国の文化に合わせた結果だそうですが、それでも、オ・ギファン監督らしさは出ていました。
だけど、個人的には、「ラスト・プレゼント」は名作ですので、その出涸らしのような物語に感じました。
多分、夢見る初恋の物語なら、このラブコメチックな物語は、若者に受けると思います。
ただ、酸いも甘いも掻き分けてきた年代に突入した身には、この物語は眩し過ぎますね。(笑)
まあ、基本的には、「ラスト・プレゼント」と同じような構造ですので、「ラスト・プレゼント」で泣いた方は、むしろ敬遠した方が良いかもしれません。