「ジャッジ」なる映画を見た感想

雪です・・・

天候はどうにもならないけど、今日はリフォームの一環、テレビ付きドアホンの工事とコンセント増設の工事を前からお願いしていて、今日9:30からの予定だったのに、15分前に「今日延期で良いですか~。」という電話。

泣き顔泣き顔

休みだというのに早起きして掃除もしたのに仕方がない。。。

ようやく延長コード繋ぎから解放されると思ったのに。

仕方ないっか。

と言う事で、昼間から発泡酒を飲みながら雪景色を満喫する事とします。

で、今回は映画「ジャッジ!」です。

ジャッジ!

大々的に宣伝をしていたかは不明ですが、何とな~く気になった映画でした。

出演は妻夫木聡さん、北川景子さん、豊川悦司さん、鈴木京香さん、リリー・フランキーさんなどなど。

チョイ役で加瀬亮さん、玉山鉄二さんも出演されています。

ストーリーのさわりですが、広告代理店で働いている妻夫木さん演じる太田は何をやっても上手くいかず、失敗ばかり。

そんな中、上司の代わりに世界各国で出品されたテレビCMを決める広告の祭典 サンタモニカ国際港国際で審査員を務める事に。
その魂胆はクライアントである「ちくわ堂」のちくわのCMを賞を取らなければクビになる事になっていたから。

あの手この手を繰り出す海外の審査員を相手に、各国が自分達の国の作品を裏の手を使ったり根回しして入賞させようと奮闘するコメディ映画です。

シンプルに笑えます。

時にクドイと言う場面もありますが、なんと言うか万人受けする映画です。

ダメ男を演じる妻夫木さんですが、こういう役は本当にとことんダメ男で演じられるんですよね~。

それだけの演技が出来るというのはシリアスからコメディまでこなせる俳優なんだと思いました。

「悪人」で見せた繊細な演技もそうですが、逆にテンションを高く上げないとならないこういう映画は簡単そうに見えて逆に難しいのではないかと思えます。

このちくわ堂のちくわのCMですが、本当につまらないウッシッシ
それよりもきつねうどんのCMがあるんですが、そっちの方が笑えます。

妻夫木さんの同僚役の北川景子さんですが、ちょっと以前は苦手な女優さんでしたが、この所の演技の深さでChincle評価がグングン上がっています(笑)

でもどうしてもこういうコメディ映画よりも薄幸の人物を演じた方が更に評価が上がるのではないかと思うのは自分だけかな?
無理した演技ではないですが、コメディでも「本気」が見え隠れしている様に見えてしまうのおしい所です。

この映画の8割位が真実だと言われています。

となると、CMコンテストってやらせ?って思ってもしまいますが、色々な人の思惑が試行錯誤しているんだなぁと興味深く観ました。

ただのコメディではなく、観終わった時に元気をくれる映画だと思いました

普段あまりコメディで笑わない自分でも笑ったので、同じ様な人には面白い映画ですし、思わず沁みるセリフがあったり、感動があったり、日々疲れた事が多い時に観ると勇気付けられると思います。

映画館でなくてもレンタルが出たら観てみて下さい。
豊川悦司さんの笑いの演技にもビックリです。