『リベンジ・マッチ』と言う映画

昨日、夜遅くレイトにて鑑賞。
ボクシング映画の名作の主演imgres2大スターが激突!

ロバート・デ・ニーロ シルべスター・スタローン
「リベンジ・マッチ」GRUDGE MATCH

かつて80年代に名ボクサーとして活躍したキッドとレーザー。
試合においても女性関係において何から何まで仲の悪いライバル。
そんな2人も今は引退して老いた身。
ひょんな事で再びリングに立ち試合をする事に。

デ・ニーロとスタローン!
過去に「コップランド」でも共演はしてますが、ダブル主演では初。
しかも老いた2人がボクシングで対決?

「ロッキー」と「レイジング・ブル」
このボクサーを主人公にした名作。
どちらも好きな作品だけど内容は凄く対照的。
方やアメリカンドリームと呼ばれる栄光を掴む話
方や栄光を掴んだが次第にどん底に落ちる話
どちらも人生観を語る上で教訓になった。

最初、この映画の情報を初めて聞いたとき、
これって2人の代表作「ロッキー」と「レイジング・ブル」への自虐的なパロディか?
と思いました。

その通り、年老いた2人が体に鞭を打ちながらも対決。
2人とも昔から多くの出演作見てきましたが、年月立つのも早いものでシルバ-なお年に。
そんな老体を皮肉るような自虐的なコメディw

「ロッキー」と「レイジング・ブル」へのパロディなシーンも所々あり。
あのスタローンがランニングを怠けたり生卵を飲むのを辛そうにしたり(ロッキーですね)、
デ・ニーロが苦しそうに懸垂したり(これはタクシードライバーかな)、でっぷり出たお腹をやたら馬鹿にされたり(レイジングブルで役作りした肥満体形が今はリアルに)
こういったかつての主演作品へのセルフパロディには受けましたわ(笑)

でも、こういった笑いはくど過ぎずに、さらりと流してるのが返って良かったと思う。
見る前のイメージと違って思ってたより良かったのは、ライバル同士である2人のドラマ性が高かかった事。
この作品の中での2人は宿命のライバル。とにかく仲が悪い。
ライバル同士というのは、敵同士でありながらも切っても切れない仲。
後半は思いもよらない熱い展開があります!

クライマックスの試合シーン。
これが意外と見応えあり。
一部スタント使ってたかどうか知りませんが、デ・ニーロとスタローンの迫力のファイトシーンは良かったと思う。

どっちが勝ったか?
それは申しませんが、心憎い上手い展開を見せてくれます。

監督はピーター・シーガル。
デビュー作が当時人気の大ヒットコメディシリーズ「裸の銃を持つ男PART33 1/3 」(懐かしい!)
新しいところではスパイコメディ「ゲット スマート」(これはかなり受けました)
コメディで定評のある監督ですが、本作のように笑いもありながら熱さと感動もあるのは「ロンゲスト・ヤード」に近いかな。

キッド役のロバート・デ・ニーロ
最近はどちらかと言えば脇の方でよく見かけます。
良い作品もあるけど、イマイチな作品も多し。
若い頃は厳選して出演してたけど、近年は落ち着いた年齢なのもあるのかな?
主演作では「マラヴィータ」は残念な出来だし、「グリフィン家のウエディングノート」「キリングゲーム」は見逃したのでどうか言えませんが、主演クラスでは久々の当たりではないかと思う。

レーザー役のシルべスター・スタローン。
その前に見た「大脱出」は最高でした。
スタローンは最近の活躍ぶりを見てるせいか、そんなに老いたイメージが無いんですね。
「エクスペンダブルズ」シリーズや「バレット」などアクションでは現役。
今回の役柄、「ロッキー6」にもかなり近い。
今回の映画は完全コメディと思ったもんで、過去作でコメディに何度か挑戦して失敗したスタローンだけに心配したけど、本作は監督もよく作品的に恵まれたと思う。
スタローンにしては、久々にアクション系ではない作品。

デ・ニーロとスタローンがどちらも二枚看板として確立してるのがいい。
それも脇役陣が上手く繋げていたのが大きい。

スタローンの元恋人であり、デ・ニーロの息子の母親であるヒロインのキム・ベイシンガー。
久々に見ましたキム・ベイシンガー。
主演作は多く結構見てますが、007好きな私からしたら「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のボンドガール。これで一躍注目を浴びて売れ出した女優さん。
もう60過ぎてますが、それにしてはまだ美しさは健在。

デ・ニーロとスタローンを引き合わせるプロモーター役のケヴィン・ハート。
出演作は1作ほどしか見てなくて知らなかったですが、この物語の進行役的なキャラ。
一昔前によく見た黒人俳優独特のご陽気キャラ。こんなキャラも久々な感じもする。

スタローンの親友でトレーナー役のアラン・アーキン。
ますます味のある名優になってますね。
去年見た「ミッドナイトガイズ」は最高で、本作もそうですがオモシロ爺さん役はもはや定番と化して味があります。

デ・二ーロの息子役のジョン・バーンサル。
脇でちょくちょく見かけたことのある役者。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」でもご存知。
今回はトレーナーを買って出て親子の絆を取り戻すドラマが良かった。

実は周りの脇の役者たちのキャラがしっかりしてて、
2人の主役を盛り立て、この作品を支えてたように思う。

「リベンジ・マッチ」
本国アメリカでは大コケで評判も散々だったようですが、
私は意外とそんなに悪い作品ではなかった(逆に評判良くても個人的にダメなのもありますが)
笑いあり涙あり、見る前と印象が違って良かった。

私もそうですが、デ・ニーロとスタローンを昔から好きな方にはおススメではないかと思う。

『キャリー』と言う映画

url

DVDでクロエ・モレッツ版の『キャリー』鑑賞。
スティーブン・キング原作小説の三度目の映像化とか言われていますが、どちらかと言うと、デ・パルマが撮った『キャリー』のリメイクって位置づけかな。
しかし、あちこちでガッカリリメイクって声をずいぶん聞きました。
本当なんでしょうか。

今回注意してみようと思ったポイントは三つ。
⑴ 今この時代にリメイクする意義があるのか
⑵ 制作者が勝算有りと考えたポイントは何か
⑶ 監督、役者は適当だったか

結論から書きますと、映画の出来はなるほど世間の評判通りあまり良いものではありませんでした。
あちらの国には、男の子が女の子を誘って暗がりでいちゃいちゃする口実としての(若干偏見あり)デートムービーというジャンルがあるそうですが、そんな感じのユルめの仕上がりです。
なので、逆に言えば、家でごろごろしながら観るなら悪い出来ではないと思いました。
(ただしデートムービーとして使おうと思うと、あちこち血まみれですし、なにより冒頭出産シーン、続いて女性の生理のシーンと続くので、若干気まずい思いをするかも)

さて⑴リメイクの意義ですが。これはあったなと思いました。
イジメやらDVやら狂信的な信仰やらの問題はいまだにあるわけで、一巡してもう一度やってみるのも悪くないなと思いました。

つづいて⑵制作者の意図の点。これも意図そのものは悪くないなと思いました。
デ・パルマ版よりも各キャラクターの性格づけがはっきりしていて、行動原理が解りやすい所なんかは(どちらが好みかの問題はあるにしても)評価できる点ではないでしょうか。

お母さんは、旧作よりは娘に対する愛情が感じられる表現になっていました。
旧作だと狂信がより前面に出ていましたが、今作では娘を案じる思いが間違った方向に向いている感じになっています。
これも好みは分かれるにしても、試みとして面白いと思いました。

主人公キャリーが早い段階で自分の力に気づくように変更したのも、意図は理解できます。
前作だと男の子にプロムに誘われたのが自己評価を上げるきっかけになっていましたよね。つまり

クラスの虐め、母親の支配→自己否定→男の子に誘われる→自己評価の回復→外の世界に踏み出してみる→成功体験→(自己肯定の)前提の否定→絶望→世界そのものの否定

という流れだったわけですが、それが

クラスの虐め、母親の支配→自己否定→自分の隠された能力に気がつく→自己評価の回復

という流れに変わっているわけです。
そこから、 男の子の誘い→自己肯定の強化 という感じでしょうか。

変えた事で、男の子の誘いを受ける一連の流れが納得しやすくなっています。
ずっと自分を否定して生きてきたわけですから、学校でもトップクラスの人気者に誘われるってのは相当な冒険なわけです。
そこで、「あたしってそんなダメなだけの人間じゃないのかも」って心の変化を一回入れておいた事で、その部分が納得しやすくなっています。

反面、デメリットとして行動の意味そのものが変わっちゃうって事ですね。つまり

(自己肯定の)前提の否定→絶望→世界の否定

という流れだったのが、今作では自己肯定そのものの否定ではないため、世界そのものの否定には至らないわけです。
彼女にはまだ『わたしには隠された力がある』という心の支えがあるので。
そこで旧作では”世界を否定する行動”だったものが”心を傷つけた者への復讐”という意味に変わっています。

ほぼ同時期に公開された『クロニクル』と構造は同じですね。
そしてあちらは面白かったわけですから、これでいけると製作陣が考えたのがあながち間違いとも言い切れないんですよね。
でも失敗した。うーん。

敗因はなんでしょうね?
せっかく性格づけをはっきりさせたのに、それぞれのキャラクターが思ったほど生きていないってのは一つあるかな。
これは(意味は変わっているのに)外形的なストーリーの流れを、デ・パルマ版に沿った弊害かもですね。

登場させたIT系のガジェットも意味ありませんでしたね。
イジメを動画投稿サイトにアップするなんて、まさに今映画にするべき話題なのに、あっさり流されてしまいました。

結局、あのラストありきなのかな。
新要素に拘ってると旧作のストーリーの流れから外れちゃうって判断なのかなと思います。
でも、今作るんなら今の話にしちゃって良かったんじゃないのかなあ?
『クロニクル』では動画や携帯の使い方が上手かっただけに余計にそう思いました。

それからですね。
人によっては最大のガッカリポイントかもしれないVFXの変さ、かな。
あえて下手とは言いません。映画と合っていない感じの変さって意味です。
どう変かと言いますと、『エクソシスト』を見ていると思っていたら実は『ハリー・ポッター』でした、みたいな感じですね。
はじめから『ハリー・ポッター』ですと言われていれば気にならなかったと思うんですよ。
『ハリー・ポッター』好きですし。

とにかく企画段階での意図はそんなに悪くなかったんだと思います。
でも成功はしなかった。そんな感じですね。

長くなったので大急ぎで⑶。俳優と監督。
お母さん役のジュリアン・ムーア最高。上手いなー。
クロエ・モレッツも意外と良かったですね。
イケてない子という役にしては可愛すぎるんじゃないかなと心配しましたけれど。
始まってみたらおどおどした演技が、あーいるなあって感じでした。
自信なさげな態度が周囲から暗い、どんくさいと見られがちな子の感じが出ていたように思います。
もっと自身を持って行動したら可愛いのにね。ってまさに、そういう役でした。
スー役のガブリエラ・ワイルドも良かったですね。
そんなに演技力の必要な役じゃ無かったので演技力は分りませんけど。
可愛いので全て許します。

で最後、監督のキンバリー・ピアース。
んー、この脚本には合っていなかったかも。
もう一回『ボーイズ・ドント・クライ』みたいのを撮ってみてほしいかな。

『ワン チャンス』と言う映画

imgres

<あらすじ>

子どもの頃から典型的ないじめられっ子のポール・ポッツ(ジェームズ・コーデン)は、引っ込み思案で今ひとつな容姿のケータイ販売員。何をやってもうまくいかない彼の誰にも言えない夢は、オペラ歌手になることだった。

挫折の繰り返しに自信をなくしつつも周囲の励ましに支えられながら、最後の挑戦としてオーディション番組に挑む。
かわいいイギリスのオーディション番組でオペラを熱唱、美声を披露し一躍有名人になったポール・ポッツ氏の実話映画カチンコ 週末に観てきました。

上記の<あらすじ>はyahoo映画からのコピーですが・・ 映画の全容みたいなものです(^_^;)
己に自信を持てない男のサクセスストーリー。

かわいいサクセスストーリーというと、結果を知っているだけに、いかに結末に辿り着くまでに主人公に感情移入できるかどうか。が映画を楽しめるか否かになってくると思うのですが・・

「アッサリ描きすぎ!?」 なのか、「感動させるよ~泣かせるよ~! てベタすぎ!」か。

わたしはこの映画、好きでした(^^)
嫌味に思える展開がない。子どもの頃の描写から現代まで、さくさくと非常にテンポの良い展開、さらに登場人物それぞれに不自然さがない(>_<)

良い映画でしたるんるん 笑えるところもあれば成功を得た主人公には感動も持ててぴかぴか(新しい)
「自信を持て
」 というのがテーマでもあり、父親や妻の台詞にそのメッセージも込められているけれど、ベタすぎる寒い台詞でもなく素直に受け入れられました。

自信を持てないちょっと頼り気のない主人公だけど、どこか憎めず。「良い人間」な笑顔が、応援したくなる気持ちにさせてくれて電球

かわいいオペラにはまったく疎いのですが、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」 をポール・ポッツが披露するのを今か今かと楽しみに観ましたぴかぴか(新しい)  実際のオーディション番組の映像とジェームズ・コーデンの演技+ポール・ポッツ吹替え ですが、感動します(^^)
オペラに興味も持てる作品でした

 

『スティーブとロブのグルメトリップ』と言う映画

imgres

2010年イギリス映画日本未公開、監督;マイケル・ウィンターボトム、出演;スティーブ・
クーガン、ロブ・ブライドン、マルゴ・スティリー、クレア・キーラン、ベン・スティラー

イギリスでは、有名な俳優スティーブ・クーガン、「ナイト・ミュージアム」シリーズや
「ホット・ファズ」、「トロピック・サンダー」とか、顔を観たら、観た事がある。って
感じかもしれませんけどね。そしてイギリスではモノマネでとっても有名なロブ・ブライドン。
僕は彼は全く知らなかったのですが、その二人が、出版社のグルメ取材でイギリスの地方の
レストランを巡るという企画のお話し。

ドキュメンタリー風なんですが、スティーブとロブの妙な掛け合いがおかしかったです。
特に二人が色々な俳優のモノマネをしていくのですが、それが、妙におかしくて。
美味しいグルメも出て来るのですが、どちらかと言うと二人のおっさんの会話の方が主体です。
イギリスの美しい田舎風景も堪能出来るので、ちょっとした旅行気分は味わえる映画です。

アメリカ、ハリウッドでも人気があり、地位も名誉も、おそらくお金も持っているスティーブ
でも、実は離婚して中学生の子供がいるのにも関わらず、行先の女の子に手を出すという、
プレイボーイ。方や、イギリスでは有名なロブは、とても家族想い。
最後に、二人が分かれてから、ロブは奥さんに「やっぱりおまえと1週間も離れるのは辛い」
と言って抱きしめ合うのに比べ、スティーブは高級なマンションに一人で帰り、電灯をつける。
アメリカにいる彼女に電話しても、なにかむなしい。。。
そんな対照的な二人が、なんだか、ちょっぴり余韻を残してくれる映画でした。

ベン・スティラーがスティーブの夢の中にカメオ的に出演してました。

『最後の晩餐』と言う映画

70219782

本日の映画は、「最後の晩餐」です。

ストーリーは、陶芸家を目指すチャオチャオ(バイ・バイホー)と、料理人を目指すリー・シン(エディ・ポン)は、お金はなかったが、共に一流にな るという大きな夢があった。そして、高校で出会い、大学を卒業しても、その想いは変わらず、共に夢を語りながら、楽しい日々を過ごしていた。
そんなある日、リーはチゃオチャオに、いつもの喫茶店でプロポーズをするが、チャオチャオは突然別れを告げた。しかし、納得がいかないリーに対し、チャオチャオは5年後にお互いに付き合っている人がいなければ、結婚しようと話し、それぞれに進むべき道を歩み始めた。
それから、5年が経とうとした時、チャオチャオは上海で陶芸家として成功し、北京で個展を開くことになった。そして、リーは北京の高級レストランのシェフにまで上り詰め、料理コンテストで優勝すれば、三ツ星レストランのシェフの座を射止めるまでになっていた。
そこで、チャオチャオはリーと5年前の約束を果たす日がやってくると思っていたところ、リーから電話が掛かってきた。そのため、浮かれるチャオチャオであったが、リーの言葉は、別の人と結婚するから結婚式に出て欲しいというものであった。
そこで、チャオチャオは親友のマオマオ(ジアン・ジンフー)に個展の準備を任せ、北京に飛んだ。そして、チャオチャオがリーのレストランに行くと、リーから婚約者のチョウ・ルイ(ペース・ウー)を紹介される。
チョウは、レストランのオーナーの娘で、パリで育ち、誰もが振り返るほどの美人であった。その上、心優しく、非の打ち所のない女性で、チャオチャオは気後れしていた。
その時、リーはチョウのウエディングドレスのドレス合せに付き合って欲しいと頼み、チャオチャオは無理矢理、ブティックに連れて行かれる。そして、そのドレスは5年前にチャオチャオが夢見ていた憧れのドレスで、そのことが余計にチャオチャオを落ち込ませた。
しかも、リーはチャオチャオの気持ちを知ってか知らずか、ホテル代わりに二人の新居になる予定のマンションを提供してきた。そのため、チャオチャオはリーを奪い返そうと、マオマオと作戦を練るが、ことごとく失敗に終ってしまう。
そこで、マオマオは助っ人として、北京にやってくるが、なぜかリーはマオマオを疎ましく感じていた。そうして、短くも長い5年の歳月によってでき たリーとチャオチャオの隔たりは、厚い壁となり、さらには、5年前にチャオチャオが選んだ別れの理由が二人の行く末を左右していくが・・・。

オ・ギファン監督の代表作である「ラスト・プレゼント」のような物語だなぁと思っていたら、実は「ラスト・プレゼント」をベースにしたリビルドした映画だそうです。
それは、韓国から中国に舞台を移し、中国の文化に合わせた結果だそうですが、それでも、オ・ギファン監督らしさは出ていました。
だけど、個人的には、「ラスト・プレゼント」は名作ですので、その出涸らしのような物語に感じました。
多分、夢見る初恋の物語なら、このラブコメチックな物語は、若者に受けると思います。
ただ、酸いも甘いも掻き分けてきた年代に突入した身には、この物語は眩し過ぎますね。(笑)
まあ、基本的には、「ラスト・プレゼント」と同じような構造ですので、「ラスト・プレゼント」で泣いた方は、むしろ敬遠した方が良いかもしれません。

『トロン』 と言う映画

imgres

『トロン』
『トロン・レガシー』

面白かった。
と言うかビジュアルが楽しい。話はルールが少し分かり難いけど、味付け程度だと思えば無視出来ます。それよりあっちの世界を楽しめと。

「レガシー」の方から観たので、一作目はよりゲームっぽいなぁと感じました。この頃はまだゲーセンが主軸だったし、何よりコンピューターゲームそのものが描く世界が新鮮だったであろうと想像出来る。
映像はあのジャケットほど古臭くなかったし、むしろ今観ても楽しめる。いやむしろ今観たらレトロな感じが新鮮かも?表現が多彩で次々と面白い映像が出てくる。映像が古くてもカメラワークが良いから今でも通用するのだと思う。
タッチパネルの机とか、今では現実にあるのがまた変に楽しい。

「レガシー」の方は現代的にブラッシュアップされていてクオリティが高い!今はこういう作品が少ないから正解だと思う。
観た後もこの世界にもう少し浸りたい気分にさせられる。

こういう想像世界だと裏を返せば作り物感が出てしまう。そう言って良ければ嘘の世界なんだから当たり前なんだけど。セットだけだとチープになりCGを多用すれば臨場感が無くなる。バランスが難しい。前作はそこらへんがやり過ぎていたような気がする。
例えば俳優が踏みしめる足下のアップを意図的に入れる。地面がCGだと踏みしめた感じを観客が補完し難く臨場感が無くなる。だから本当に地面のセットを組む。
でもその地面が地続きであるかの様にカット割りでCGとバトンタッチして更に質感を調整して違和感を消す。これを繰り返す事で観客は映画の世界に入り込める。
初歩的な事でも意外とやってない映画が多い。
この映画は話や設定では全部CGでやっても間違いでは無いのに、あくまで観客の事を考えてセットも使っている。
それが映画の質だと思う。
もちろん敢えて臨場感を失してしまって存在の曖昧さを活かす手もあるけど。
ちなみに音楽が良いと思ったらダフパンがやってた。ついサントラを買ってしまいました。

プログラムの世界だし、ディズニー製作だから血みどろでもなく殺伐としてない、子供が観ても夢を感じさせてくれるのも良い。

ところであの水とか食い物てどういう事?
凄く意味ありげな気がするのだけど。。。