『大人ドロップ』と言う映画

imgres

ストーリーは、高校3年生の浅井由(池松壮亮)は、全てにおいて、適当に生きていた。そして、クラスメイトで、親友の岡田始(前野朋哉)がイジメに遭い、使い走りにされていても、見て見ぬふりをしていた。
そんな由と始は、いつも美術室で昼食を取り、一緒に田舎道を帰り、東京から嫁いできた農婦(美波)と世間話をしていた。そんなある日、由は始から、クラスメイトの入江杏(橋本愛)と野中春(小林涼子)がピアノを弾く姿を遠目に見ながら、杏のことが好きだと告げられる。
そこで、由は始に杏をデートに誘うように言うが、始は本人を目の前にすると何も言えなかった。そのため、始は由に恩を売り、由はクラスで前の席で、割と仲の良い春経由で、杏を誘い出すことになった。
そこで、由が春に電話を掛けると、電話の向こうで、彼氏らしき男の声が聞こえ、慌てて電話を切ってしまう。翌日、春は由に何の用か聞いてきたが、由は春の彼氏のことが気になりながら、始のためにダブルデートを頼んだ。
そして、あっさりとダブルデートをすることになったが、由と始の取った行動が、杏を怒らせ、デートは10分で終了し、怒って帰った杏の後を始は追いかけた。そのため、取り残された由と春は、そのままの流れで遊びに行くことになり、由は春との疑似デートを楽しんだ。
その帰り道、春は彼氏のことを聞かない由に苛立ちながら、今しかできないことをしていると由に話した。その後、由は杏に謝ることができず、夏休みを迎えるが、始から杏が高校を辞めることを教えられる。
そこで、由と始はそれぞれ内緒で杏に手紙を出すが、杏はそれぞれに返事を書き、最後の手紙であることを告げてきた。そうして、由と始は、杏のことが気になり、居ても立ってもいられず、杏の手紙の消印から、由と始は200キロ離れた杏のいる和歌山へ旅立つが・・・。

精神的に子供から大人への成長過程を描いた青春ドラマです。
何と言っても、春役の小林涼子の演技が素晴らしかった。
杏役の橋本愛が憧れの存在なら、春役の小林涼子は親しみやすい存在ですね。
そして、明るく誰とでも親しめる春が、実はナィーブな一面を持っているところをうまく演じていました。
また、社会人になれば小石程度のことでも、高校時代には高い壁で、それを乗り越える勇気を持つことが大人になるということを描いていました。
それにしても、エンドロール直前で、オチきっておらず、一瞬焦りましたが(笑)、エンドロールが終わるころには、良い映画を観たなぁとなりました。
まあ、ラストのオチを中途半端と取るか、余韻と取るかは、人それぞれですが、こういう余韻を誰かと話したくなる映画ですので、一人でも複数でも楽しめる映画ですよ。

『リベンジ・マッチ』と言う映画

昨日、夜遅くレイトにて鑑賞。
ボクシング映画の名作の主演imgres2大スターが激突!

ロバート・デ・ニーロ シルべスター・スタローン
「リベンジ・マッチ」GRUDGE MATCH

かつて80年代に名ボクサーとして活躍したキッドとレーザー。
試合においても女性関係において何から何まで仲の悪いライバル。
そんな2人も今は引退して老いた身。
ひょんな事で再びリングに立ち試合をする事に。

デ・ニーロとスタローン!
過去に「コップランド」でも共演はしてますが、ダブル主演では初。
しかも老いた2人がボクシングで対決?

「ロッキー」と「レイジング・ブル」
このボクサーを主人公にした名作。
どちらも好きな作品だけど内容は凄く対照的。
方やアメリカンドリームと呼ばれる栄光を掴む話
方や栄光を掴んだが次第にどん底に落ちる話
どちらも人生観を語る上で教訓になった。

最初、この映画の情報を初めて聞いたとき、
これって2人の代表作「ロッキー」と「レイジング・ブル」への自虐的なパロディか?
と思いました。

その通り、年老いた2人が体に鞭を打ちながらも対決。
2人とも昔から多くの出演作見てきましたが、年月立つのも早いものでシルバ-なお年に。
そんな老体を皮肉るような自虐的なコメディw

「ロッキー」と「レイジング・ブル」へのパロディなシーンも所々あり。
あのスタローンがランニングを怠けたり生卵を飲むのを辛そうにしたり(ロッキーですね)、
デ・ニーロが苦しそうに懸垂したり(これはタクシードライバーかな)、でっぷり出たお腹をやたら馬鹿にされたり(レイジングブルで役作りした肥満体形が今はリアルに)
こういったかつての主演作品へのセルフパロディには受けましたわ(笑)

でも、こういった笑いはくど過ぎずに、さらりと流してるのが返って良かったと思う。
見る前のイメージと違って思ってたより良かったのは、ライバル同士である2人のドラマ性が高かかった事。
この作品の中での2人は宿命のライバル。とにかく仲が悪い。
ライバル同士というのは、敵同士でありながらも切っても切れない仲。
後半は思いもよらない熱い展開があります!

クライマックスの試合シーン。
これが意外と見応えあり。
一部スタント使ってたかどうか知りませんが、デ・ニーロとスタローンの迫力のファイトシーンは良かったと思う。

どっちが勝ったか?
それは申しませんが、心憎い上手い展開を見せてくれます。

監督はピーター・シーガル。
デビュー作が当時人気の大ヒットコメディシリーズ「裸の銃を持つ男PART33 1/3 」(懐かしい!)
新しいところではスパイコメディ「ゲット スマート」(これはかなり受けました)
コメディで定評のある監督ですが、本作のように笑いもありながら熱さと感動もあるのは「ロンゲスト・ヤード」に近いかな。

キッド役のロバート・デ・ニーロ
最近はどちらかと言えば脇の方でよく見かけます。
良い作品もあるけど、イマイチな作品も多し。
若い頃は厳選して出演してたけど、近年は落ち着いた年齢なのもあるのかな?
主演作では「マラヴィータ」は残念な出来だし、「グリフィン家のウエディングノート」「キリングゲーム」は見逃したのでどうか言えませんが、主演クラスでは久々の当たりではないかと思う。

レーザー役のシルべスター・スタローン。
その前に見た「大脱出」は最高でした。
スタローンは最近の活躍ぶりを見てるせいか、そんなに老いたイメージが無いんですね。
「エクスペンダブルズ」シリーズや「バレット」などアクションでは現役。
今回の役柄、「ロッキー6」にもかなり近い。
今回の映画は完全コメディと思ったもんで、過去作でコメディに何度か挑戦して失敗したスタローンだけに心配したけど、本作は監督もよく作品的に恵まれたと思う。
スタローンにしては、久々にアクション系ではない作品。

デ・ニーロとスタローンがどちらも二枚看板として確立してるのがいい。
それも脇役陣が上手く繋げていたのが大きい。

スタローンの元恋人であり、デ・ニーロの息子の母親であるヒロインのキム・ベイシンガー。
久々に見ましたキム・ベイシンガー。
主演作は多く結構見てますが、007好きな私からしたら「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のボンドガール。これで一躍注目を浴びて売れ出した女優さん。
もう60過ぎてますが、それにしてはまだ美しさは健在。

デ・ニーロとスタローンを引き合わせるプロモーター役のケヴィン・ハート。
出演作は1作ほどしか見てなくて知らなかったですが、この物語の進行役的なキャラ。
一昔前によく見た黒人俳優独特のご陽気キャラ。こんなキャラも久々な感じもする。

スタローンの親友でトレーナー役のアラン・アーキン。
ますます味のある名優になってますね。
去年見た「ミッドナイトガイズ」は最高で、本作もそうですがオモシロ爺さん役はもはや定番と化して味があります。

デ・二ーロの息子役のジョン・バーンサル。
脇でちょくちょく見かけたことのある役者。海外ドラマ「ウォーキング・デッド」でもご存知。
今回はトレーナーを買って出て親子の絆を取り戻すドラマが良かった。

実は周りの脇の役者たちのキャラがしっかりしてて、
2人の主役を盛り立て、この作品を支えてたように思う。

「リベンジ・マッチ」
本国アメリカでは大コケで評判も散々だったようですが、
私は意外とそんなに悪い作品ではなかった(逆に評判良くても個人的にダメなのもありますが)
笑いあり涙あり、見る前と印象が違って良かった。

私もそうですが、デ・ニーロとスタローンを昔から好きな方にはおススメではないかと思う。

『キャリー』と言う映画

url

DVDでクロエ・モレッツ版の『キャリー』鑑賞。
スティーブン・キング原作小説の三度目の映像化とか言われていますが、どちらかと言うと、デ・パルマが撮った『キャリー』のリメイクって位置づけかな。
しかし、あちこちでガッカリリメイクって声をずいぶん聞きました。
本当なんでしょうか。

今回注意してみようと思ったポイントは三つ。
⑴ 今この時代にリメイクする意義があるのか
⑵ 制作者が勝算有りと考えたポイントは何か
⑶ 監督、役者は適当だったか

結論から書きますと、映画の出来はなるほど世間の評判通りあまり良いものではありませんでした。
あちらの国には、男の子が女の子を誘って暗がりでいちゃいちゃする口実としての(若干偏見あり)デートムービーというジャンルがあるそうですが、そんな感じのユルめの仕上がりです。
なので、逆に言えば、家でごろごろしながら観るなら悪い出来ではないと思いました。
(ただしデートムービーとして使おうと思うと、あちこち血まみれですし、なにより冒頭出産シーン、続いて女性の生理のシーンと続くので、若干気まずい思いをするかも)

さて⑴リメイクの意義ですが。これはあったなと思いました。
イジメやらDVやら狂信的な信仰やらの問題はいまだにあるわけで、一巡してもう一度やってみるのも悪くないなと思いました。

つづいて⑵制作者の意図の点。これも意図そのものは悪くないなと思いました。
デ・パルマ版よりも各キャラクターの性格づけがはっきりしていて、行動原理が解りやすい所なんかは(どちらが好みかの問題はあるにしても)評価できる点ではないでしょうか。

お母さんは、旧作よりは娘に対する愛情が感じられる表現になっていました。
旧作だと狂信がより前面に出ていましたが、今作では娘を案じる思いが間違った方向に向いている感じになっています。
これも好みは分かれるにしても、試みとして面白いと思いました。

主人公キャリーが早い段階で自分の力に気づくように変更したのも、意図は理解できます。
前作だと男の子にプロムに誘われたのが自己評価を上げるきっかけになっていましたよね。つまり

クラスの虐め、母親の支配→自己否定→男の子に誘われる→自己評価の回復→外の世界に踏み出してみる→成功体験→(自己肯定の)前提の否定→絶望→世界そのものの否定

という流れだったわけですが、それが

クラスの虐め、母親の支配→自己否定→自分の隠された能力に気がつく→自己評価の回復

という流れに変わっているわけです。
そこから、 男の子の誘い→自己肯定の強化 という感じでしょうか。

変えた事で、男の子の誘いを受ける一連の流れが納得しやすくなっています。
ずっと自分を否定して生きてきたわけですから、学校でもトップクラスの人気者に誘われるってのは相当な冒険なわけです。
そこで、「あたしってそんなダメなだけの人間じゃないのかも」って心の変化を一回入れておいた事で、その部分が納得しやすくなっています。

反面、デメリットとして行動の意味そのものが変わっちゃうって事ですね。つまり

(自己肯定の)前提の否定→絶望→世界の否定

という流れだったのが、今作では自己肯定そのものの否定ではないため、世界そのものの否定には至らないわけです。
彼女にはまだ『わたしには隠された力がある』という心の支えがあるので。
そこで旧作では”世界を否定する行動”だったものが”心を傷つけた者への復讐”という意味に変わっています。

ほぼ同時期に公開された『クロニクル』と構造は同じですね。
そしてあちらは面白かったわけですから、これでいけると製作陣が考えたのがあながち間違いとも言い切れないんですよね。
でも失敗した。うーん。

敗因はなんでしょうね?
せっかく性格づけをはっきりさせたのに、それぞれのキャラクターが思ったほど生きていないってのは一つあるかな。
これは(意味は変わっているのに)外形的なストーリーの流れを、デ・パルマ版に沿った弊害かもですね。

登場させたIT系のガジェットも意味ありませんでしたね。
イジメを動画投稿サイトにアップするなんて、まさに今映画にするべき話題なのに、あっさり流されてしまいました。

結局、あのラストありきなのかな。
新要素に拘ってると旧作のストーリーの流れから外れちゃうって判断なのかなと思います。
でも、今作るんなら今の話にしちゃって良かったんじゃないのかなあ?
『クロニクル』では動画や携帯の使い方が上手かっただけに余計にそう思いました。

それからですね。
人によっては最大のガッカリポイントかもしれないVFXの変さ、かな。
あえて下手とは言いません。映画と合っていない感じの変さって意味です。
どう変かと言いますと、『エクソシスト』を見ていると思っていたら実は『ハリー・ポッター』でした、みたいな感じですね。
はじめから『ハリー・ポッター』ですと言われていれば気にならなかったと思うんですよ。
『ハリー・ポッター』好きですし。

とにかく企画段階での意図はそんなに悪くなかったんだと思います。
でも成功はしなかった。そんな感じですね。

長くなったので大急ぎで⑶。俳優と監督。
お母さん役のジュリアン・ムーア最高。上手いなー。
クロエ・モレッツも意外と良かったですね。
イケてない子という役にしては可愛すぎるんじゃないかなと心配しましたけれど。
始まってみたらおどおどした演技が、あーいるなあって感じでした。
自信なさげな態度が周囲から暗い、どんくさいと見られがちな子の感じが出ていたように思います。
もっと自身を持って行動したら可愛いのにね。ってまさに、そういう役でした。
スー役のガブリエラ・ワイルドも良かったですね。
そんなに演技力の必要な役じゃ無かったので演技力は分りませんけど。
可愛いので全て許します。

で最後、監督のキンバリー・ピアース。
んー、この脚本には合っていなかったかも。
もう一回『ボーイズ・ドント・クライ』みたいのを撮ってみてほしいかな。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と言う映画

imgres

原作は東直己さんの『ススキノ探偵シリーズ 探偵はひとりぼっち』。

私、前作よりこっちの方が好きだったかも。その割に、見てる途中、寝落ちしかけたが(^_^;)。橡脇が、事情を、探偵に説明しているところで。

ざっくり粗筋を書くと。
探偵と仲の良かったオカマのマサコちゃんが殺される。調べていくと、彼の死には、原発反対派の有力政治家・橡脇が関わっているのではないか?と分 かる。バイセクシャルの橡脇は若かりし頃、マサコと愛人関係にあった。アマチュアのマジック大会に出場し優勝し、有名になったマサコ。彼が有名になり、ス キャンダルになることを懸念して、橡脇陣営がマサコを殺したのではないか?との疑念がわく。探偵がこの事件を調べていると、同じようにこの事件を調べる、 人気ヴァイオリニストの弓子という人物に遭遇。弓子は「マサコは、私の力になってくれたファンだ。」といい、マサコの死の真相をどうしても知りたいの だ・・という。

橡脇陣営、反橡脇派、そして、探偵を殺せば、橡脇から便宜を図ってもらえると思っているフリーの奴らが、総まとめで、探偵を狙ってくる。探偵は、相棒の高田と危機を乗り越え。無事、事件の真相に辿りつけるのか?

そんな話。

そんな話なのだが、ハードボイルド映画は、酒!女!アクション!で良いのだと思うので、そんな難しいコトは考えなくて良いと思う(笑)。
大泉洋氏が探偵役なので、原作より、コメディ調になってる・・とは思う。原作は、もっとハードボイルド寄りだったような記憶が。

気の優しいオカマのマサコちゃんをゴリさんが演じているのだが、それが合っていて可愛かった。
元カレ橡脇(渡部篤郎)との再会のシーンが好きなんだ。有名政治家が、プライベートでオカマに花持って来てる現場など、写真週刊誌に撮られたらえ らいコトだろうから、「行って!行って!」と早く帰そうとするマサコに対して、名残惜しそうな橡脇。橡脇が、おずおずと手を差し出してマサコちゃんが握手 する。このシーンがとても好き。橡脇は、キスくらいしてくれると思ったのかなぁ。

探偵の拷問(?)に使ったスキージャンプのシーンがくだらなくて好きです。探偵さん、良く飛べたな。その後、車の中で、固まっているのだが。よほど怖かったのであろう(^_^;)。

これ、殺人の動機がイマイチハッキリしないのだが、学生は「オカマなんてみんなクズだから」と言っていたから、クズの排除的なコトで殺した・・・ で良いのだろうか?ホームレスを集団で襲っちゃう若者・・的な殺人動悸で良いの?そこがイマイチハッキリしなかったのだが。でも、学生は、橡脇陣営でも、 反橡脇でもないよね?

相変わらず、いい味を出していた、バイセクシャルの新聞記者・松尾の田口トモロヲ。松尾と探偵の会話のシーンの演出が面白かったな。あれ、どう やって撮影してるの?婉曲した金属・・缶の表面みたいなものに映してるのかな?歪んで写る松尾と探偵が、移動してゆっくり入れ替わって行く。
そういえば。WOWOW版で1作目を見たら、松尾の男性同士の絡みの部分(写真のやつ)は、全部カットされてたんですね(^_^;)。どうりで、 地上波で見た時、「写真が何だったのか、ハッキリしねえな?」と思ったんだ。あぁ、カットしなくちゃマズイはな、これ。(そもそもこの映画、WOWOW基 準では、PG12と表示されます)

私ゃ、この探偵さんと新聞記者さんの関係が結構気になるのだが、そんな薄い本は見たコトがない!(笑) あるのは高田と探偵の本ばかり(そら、普通そうだよ!私がSHERLOCKで「何で、シャロとレストレイドの本がないんだ?」というくらい、そりゃ、そうだよ)。
松尾は、原作にも出て来るのだが、田口氏はこの役合っていると思う。敏腕記者なんだろうが、記事を取るためには、おそらく平気でイレギュラーなコトをする・・そんな感じのブン屋。正義ではないところが良い。

今回は、冒頭の探偵さんと巨乳美女のセックスシーンは、地上波で放送する際、ほぼカットだよね(^_^;)。地上波では、付き合った後、イキナリフラれるような感じになってるかも知れない。
この探偵さん男女問わず、意外にモテるね。何でだろう?さほど恰好良くもないのに・・・。

室蘭の聞き込み調査の時。マサコちゃんと仲良しだったトオルのところへ行った時。トオルが美容師見習い(実家が、美容室らしい)で働いており、そ こで、探偵が髪を切ってもらおうとして、トオルが「この髪は、僕の手にはおえません。」と言い、高田が「そりゃ、そうだよね・・・」と言い、その後、探偵 が「縮毛矯正ってあります?」と訊くのだが。「縮毛矯正~」の部分は大泉氏のアドリブだろうか?大泉氏の台詞のあと、トオル役の役者さんが、明らかに、 ちょっと戸惑って、一拍間が空いて、「そういうものはちょっと・・・」と言うので。

市電が全面協力しているのだが。あんなバトルってるのに、平然と走ってる市電がスゲエ(^_^;)。鉄道警察的な人は、市電にはいないんでしょうか?誰も止めない(笑)。しかも、運転手さんも平然と電車を走らせている。ガッツあるな、市電!

出て来る喫茶店のナポリタンが本当にマズそう。何だろう?あの昔懐かしいソフト麺っぽい感じで、アルデンテもクソもあったもんじゃないナポリタン。それを、弓子ちゃんは、スゲエ汚く食う(笑)。ズルズルズル~と。

高田が頑丈過ぎる。探偵に「ターミネーターか!」と言われていたが、確かにな。頭かち割られてるのに、平然としてるって何なのだろう?そして、松田龍平は、何を演じても松田龍平だなっ!

オカマショーパブのママを篠井英介氏が演じていて嬉しかった。フローラちゃん。美人でしっかりしてそうなママだよね。

渡部篤郎なので、コイツが犯人ではないだろう・・・と思っていたが、篤郎さんの橡脇は、やっぱり、そんなに嫌な奴ではなかった。てか、やり方はともかく、真っ直ぐな人ではあるよね。もう少し、嫌な奴でも良かったような気はする。

そんな感じでした。アクションは、結構ちゃんとしているので、見ていて楽しいです。

『神様のカルテ2』と言う映画

imgres

 

●内容

緊急医療病院で激務の日々を送る若き医師と彼をとりまく同僚・家族の物語

●感想

いい意味で主役の桜井君の存在感が薄くなっていたのが良かったと思います。主人公の同期で今回彼の病院に赴任してきた医師を演じた藤原竜也が主役 の存在を消した張本人。非常に印象的でした。1年に3日しか休んでいないような働き方をする主人公に対して藤原竜也が言う「狂ってると思わないか?お前が 病院にいる間に家族は?」の言葉は妙に心に響き、後になぜ彼がこの言葉を投げたかがわかった時点でも非常に考えさせられました。これは医療現場の話ではな く、全ての働き人の仕事とそれ以外の時間とのバランスをどうとるかという視点で見るべき映画なのではないかと思います。主人公と同じく激務をこなし倒れて しまう柄本明演じるベテラン医師が死ぬ淵にあって初めて妻とゆっくりした時間を共有する場面にも泣けてしまいましたね。そのために周りの医師たちが行うあ る仕掛けは少し大袈裟ですがこのファンタジーとして見ればOkなのかな。前作で面白い箇所であったあの下宿の住人たちとのやりとりは今回は不発でした。真 キャラとして登場した濱田岳もうまく活かされていなかったのも残念です。藤原竜也夫妻の物語が印象強すぎて、何があっても天使のように主人公を見つめる宮 崎あおい演じる出来過ぎた妻に少し違和感を感じたのも正直な思いです。次回作があるとすれば彼女が感情を爆発させる場面を作ってあげて欲しいと思います。 宮崎あおいがこういうファンタジーに包まれた理想妻をどの作品でも引きうけている印象がありますが、そろそろそういう役回りを卒業させてあげたいですね、 余計なお世話ですが。

『ワン チャンス』と言う映画

imgres

<あらすじ>

子どもの頃から典型的ないじめられっ子のポール・ポッツ(ジェームズ・コーデン)は、引っ込み思案で今ひとつな容姿のケータイ販売員。何をやってもうまくいかない彼の誰にも言えない夢は、オペラ歌手になることだった。

挫折の繰り返しに自信をなくしつつも周囲の励ましに支えられながら、最後の挑戦としてオーディション番組に挑む。
かわいいイギリスのオーディション番組でオペラを熱唱、美声を披露し一躍有名人になったポール・ポッツ氏の実話映画カチンコ 週末に観てきました。

上記の<あらすじ>はyahoo映画からのコピーですが・・ 映画の全容みたいなものです(^_^;)
己に自信を持てない男のサクセスストーリー。

かわいいサクセスストーリーというと、結果を知っているだけに、いかに結末に辿り着くまでに主人公に感情移入できるかどうか。が映画を楽しめるか否かになってくると思うのですが・・

「アッサリ描きすぎ!?」 なのか、「感動させるよ~泣かせるよ~! てベタすぎ!」か。

わたしはこの映画、好きでした(^^)
嫌味に思える展開がない。子どもの頃の描写から現代まで、さくさくと非常にテンポの良い展開、さらに登場人物それぞれに不自然さがない(>_<)

良い映画でしたるんるん 笑えるところもあれば成功を得た主人公には感動も持ててぴかぴか(新しい)
「自信を持て
」 というのがテーマでもあり、父親や妻の台詞にそのメッセージも込められているけれど、ベタすぎる寒い台詞でもなく素直に受け入れられました。

自信を持てないちょっと頼り気のない主人公だけど、どこか憎めず。「良い人間」な笑顔が、応援したくなる気持ちにさせてくれて電球

かわいいオペラにはまったく疎いのですが、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」 をポール・ポッツが披露するのを今か今かと楽しみに観ましたぴかぴか(新しい)  実際のオーディション番組の映像とジェームズ・コーデンの演技+ポール・ポッツ吹替え ですが、感動します(^^)
オペラに興味も持てる作品でした