BTOパソコンはあるけどBTOプリンタは無いのかしらねぇ

最近はBTOパソコンなどが出始めてPCの値段は結構下がってきたが
プリンタの方はなかなかそうも行かず
キャノンのプリンタを現在、2台使用している
そのうち1台のインクが切れたので、交換することにした
当方はメーカー製のインクは使用しない
安い互換メーカーを使用する
しかも通常の新品などは手を出さないから、当然、ジャンク品を利用する
百円とか二百円の世界である
インク代はかなり安く手に入れている

 きょうは黒のインクタンクに穴を開けてそこからスポイドで注入するといういかにも貧乏くさいやり方で補充した
しかし、これが意外と神経をつかう作業で、いい加減にやるとインクをあふれさせ、こぼしてあわてることになる
げんに当方は、みごとにインクをこぼして机上をよごしてしまった
これなら、すこしくらい金払ってタンクごと交換した方がどんなにラクか
というようなおもしろくない結果となった
インクタンクそのものはたかだか10ccくらいしか入らない
補充用のインクは65ccだから、通常のインクの5倍分あることになる
直径2ミリほどのキリでタンクの上部に、所定の位置に穴を開けなくてはならない
キリで穴を開けるととうぜん削りカスが出て、ノズルがつまるのではないかと心配になるが、それは無用
タンク内にスポンジがあって、それが濾過する働きをするのだ
また手を汚すので使い捨てのビニール手袋をはめてから作業に取りかかることだ

 夕方、印刷屋さんから預かった東芝とNECのノートのうち、NECの方はXPの最終アップデートを完了させて、完成とした
この印刷屋はなんどもいうようだが、ネット環境がないため、ウイルス感染の驚異はほとんどないといっていい
当方、現在4台ちかく無償で貸し出しをしているしだい
いま印刷業界(個人とか零細)は斜陽というより、廃業する他、選択肢がない不況を通り越した成り立たない状況となっている

 NECのノートはなんとかできたが、東芝のノートはLAN端子がない
そこでPCMカードで無線LANを差し込んだが、反応しない
スロットカード自体が死んでいる可能性
ということでUSBのLAN端子付きを使用すれぱいいのだろうが、倉庫にさがしにいくのもめんどうで、年式的にも2000年頃の商品なので、廃棄処分することにした
また他の比較的程度のいいXP機が見つかったら用意すると本人さんへ連絡しておいた
とうぜん、このノート2台も当方の無償の提供品である

 先月、倉敷の日吉の方へテスト用として貸し出ししていたバッファローのハイスペック無線LANルータ、WZR-900DHPという450+450Mbpsという機種を回収してうちに持って帰り、ちょっとテスト用に当方宅内でセットしてみた
たしかに、ギガビットの通信を利用している当方の宅内では適合した機種だとわかった
かなり反応がいい
無線の周波数も5ギガのn&a、2.4ギガのn&g&bと5種類の電波を並行処理をしている
あと、LANケーブルなどはカテゴリー7に統一する必要があるが、高いので、カテゴリー6を使用中である
ゆくゆくカテゴリー7にアップする予定だ
もちろん値が下がればの話だが…