給料日で懐具合は、ちょびっと温かいが

給料日で懐具合は、ちょびっと温かいが
心が、どことなく不景気

手続きや何やらでストレス
新居の家賃の初払い
カード払いではないのでATMで
出来ない事は無いけど、手数料がかかる…

通帳引落しにしようとメインの銀行に行き
窓口で説明を受ける
支払い先と同じ銀行通帳を作るのがベスト

支払いにしても手続きにしても
二度手間などで簡単にはいかないねぇ
俺らしい

岡崎に来ていて、お昼になった
ラーメン屋に寄り、ランチを頼みました
ライスはどうされますか?と聞かれ
要りませんと答える…これが後ほど堪える
腹ん中パンパンでは無い、腹七部目くらい

久しぶりにマスターへ寄りました
いつもと変わらないたわいない話
シマノのエントリーフィー支払いと
インソールについては、それなりに重要

仕事用のインソールがアカンくなってるので新調したい
ウォーク・ランモデルの価格を聞いた
今のナナちゃん人形のように顎が、ガーン!となった
バイクモデルと変わらんやん!
でもなぁ…身体のバランス整えたいしなぁ
どうにか新調したい

夕方になり浦和 分譲住宅に帰宅
ルトさんから静岡土産を頂いたけど
何となく空腹感…
暑さもあったけど、カロリー制限したのがアカンかった
季節柄食事の量が減っていくので、運動時に対する摂取は課題

あまり、具合は良くないけど
無理せずに復調させていこう

審査が通りました

今日は、デイケアでした。

朝、パソコンをいじり

七夕の笹の Hさんの短冊を探しましたが、見つからなく、しつこく探してたら

Hさんに怒られ?ました(笑)

そのあと、見つけ

自分も願い事を書きました

Hさんの願いが叶いますように!

と(笑)

他の願いもいろいろありますが、自分の力で叶えたいです。

プログラムは、午前は楽楽散歩。

院内を散策し

中庭でキャッチボールをしました。
日差しが出てきて、暑くなったから

すぐにデイケアに戻りました。

午後は、生活プログラムに出ました。

今日は、食事バランスについて、学びました。

後半は、前回の宿題。
一日の食事内容について、選ばれた人達(笑)が黒板に内容を書きました。

自分も選ばれて、書きました。

バランスが良かったから、けっこう褒められました。

いちおう身体作りしてるから、栄養は気をつけてます。

Hさんも書いてて、Hさんの私生活?が垣間見れて、なんだか、とても嬉しかった(笑)

プログラム中に、電話がきて

倉敷 不動産からでした。

審査が通りました(≧∇≦)

デイケアの帰りに

八千代中央のクリニックに行きました。いつもは、フルルから歩いていくのですが

雨がけっこう降ってたから、東葉高速で行きました。片道200円くらいだから、悩みましたが、風邪引くよりは。。。と

注射を打ち、帰りは雨が止んだから歩いてフルルまで行きバスで帰りました。

ヤマダ電気で、家電を見たら
冷蔵庫、洗濯機、テレビ、炊飯器、電子レンジで大体10万くらいでした。

バスで勝田台に戻り

さっそく銀行で、契約料を振り込んできました。約16万。

その他に、不動産屋に、仲介手数料が、4万くらいかかる。。。

明日住民票とかとってきて、日曜日に払いに行きます。

初期費で20万くらい。。。痛い(⌒-⌒; )

あとは、家電揃えて、布団とか買って、小物も買って、家から持っていけるものは持っていきますが、なんだかんだで40万くらいはみた方が良いと、友人も言ってました。

貯金がギリギリ。。。

へそくりとか、多少はありますが、ほんと節約しないと。

引っ越しは、そんなに荷物ないから、赤帽か、頼まずにちょこちょこ持ってったり、父親に車で頼んだり。

少ないけど、荷物まとめたり、いろいろやらなければならないことが。。。

家賃は17日から発生しますが、住み始めるのは、26日くらいから、予定してます(^^)

引っ越しの片づけ&掃除

まだまだどたばた。

月曜日…日中は引っ越しの片づけ&掃除をとめどなく。オノレの物欲(主として書籍・CD・DVDなど)の炸裂を呪う。あと収集欲と片づけられないダラシなさ。やってもやっても終わらない。
夕方からは前職の同僚の方々と酒宴。お互いの現状を話し合う。残るのも大変。
その後ははしご酒で、今度は昨年末に閉店したなじみのお店のママさんと飲む。こちらも旦那様である不動産ディベロッパーの仕事が大変、とのこと。景気いい話はなかなか聞けないものだ。でも、いい夜だった。

火曜日…片づけ最終日、のつもり。段ボールに詰めた荷物を車に搭載。16箱入ると「ミニライトバンにしておいて良かった」としみじみ思う。その他、細々とした片づけとゴミ捨てを延々と。夜は酒も無しに早々に寝る。

水曜日…5時半起床。身支度をして6時には家を出る。水戸から常磐道に入り、三郷で降りる。そこから一路大宮区に。W杯の中継は運転に集中したかった為、聴かなかった。都心の交通量の多さにくらくらする。
めぼしを付けていた物件を2件、下見をしてから不動産屋さんに連絡すると、何と休み……。つくづくバカだねぇ……orz。じゃあ、この荷物を持ったまま帰るか?そんなマヌケなことも出来ない。ということで急きょ別の倉敷 不動産屋さんに連絡。当日、一から物件を探すことになったのであった……orz
結局、「これ」と思った物件が決まったのが1時半。食事して2時に内見に向かい、それから営業所で契約手続きが終わったのが5時。住処に移動して荷物を運び終えたのが6時。日立に戻ったのが9時という体たらく……。つくづく疲れた。

今日、残りの荷物を積み、住民票などを貰ってから正式に居住予定。ネット回線が一定期間繋がらなくなります。(携帯から軽いつぶやきなどは出来ますが)
携帯のアドレスは変更されませんが、PCのアドレスは契約変更に伴い変更されます。ご了承ください。

では、しばしこちらではさよならです。

育児サークルに

朝一でスーパーへ。
午後から土砂降りになったので行っといてよかった。
雨の日は外国人賃貸マンションの階段遊び。

最近、地元のママさんに育児サークルに入らないかと誘われたけど悩み中。
内容は大体知ってるのだけど、色々トラブルもあると聞くし…

週に一度、みんなで公園に遠足に行ったりお芋掘りに行ったり消防車見学ツアーに行ったり、その他クリスマス会やらお誕生日会やらイベント行事は盛んなので子供にとっては刺激になっていいかもしれないけど、どちらかと言うと私は個人的に一体一とか、本当に仲良い友人のみで集まる方が好きなのでサークルとかはどうだろう。

行きたいときだけ参加してもいいか聞いたけど、基本毎回参加して次の予定をママ同士で相談しあったりもするらしいから、そう言うのはかなり苦手なのでやっぱやめとこうかな。

子供の月齢が近くて、更に私と趣味が似通っている人とのサークルを自分で立ち上げようかと思った時期もあるけど、主催となるとやっぱ大変かしらね~
過去に何度かイベント行事の主催を務めてるので、その経験を活かして何かしたいけど、そうなると子供優先ではなく自分優先になっちゃうからなぁ。

しかし何もせず、ただ子供と一日過ごすのも子供には何の刺激もないし、感性が育たない気もして悶々とする。
なるべく予定立てていろんな友達と会ったりしてるけど今週はヒマなのよね…
うーん悩むなあ~

ところで今日は初めて牛乳を飲ませてみた。
明治のラブ。
50cc哺乳瓶に入れて、40は飲んだ。
牛乳飲めばもうミルクやらなくてもいいのかな?

展覧会で面白い発見

日曜日に三菱一号館美術館にヴァロットン展に行って来ました。

 フェリックス・ヴァロットンはスイスに生まれ、16歳でフランスに移住し、パリで活躍した画家だそうです。この展覧会を観るまで、一枚の絵を除き全く知りませんでした。版画や「ナビ派」に分類される油彩画を残していて、多くの影響を画壇に残した人みたいです。
 私が知っていた一枚の絵というのが、オルセー美術館所蔵の「ボール」という絵で、展覧会の代表作としてポスターとかにもなっているものです。私がこの絵を観たのはおそらく日本で開催されたオルセー美術館展で紹介されたときだろうと思います。その時には、どことなく郷愁に誘われる感覚があって、気になった絵だっったので、今回の纏まって画家の絵を観る機会を得たという訳です。

 纏まって画家の絵を観たら、全く作家に対する印象が違って見えました。裸体画、その他の油絵そして版画からは全く郷愁とか叙情性を感じる事ができず「ボール」という絵が画家にとって特殊な絵であることが解りました。多くの絵はどことなく冷たい感じで人を突き放すかのごとくの目線で画かれているのです。特に版画は油絵と画風が異なり、シニカルな題材が殆どです。人が好きな柔らかな作風は何処にも無く、あるのは無機質で人を生き物で無く置物か何かのように捉えたかのようでした。「ボール」の絵のカタログの解説も『不安』を連想させる絵のようなことを書いてあり、なるほど、他の絵を観るとそう捉えるのが自然だとも感じました。私が感じた幼い日の郷愁は、また不安でどことなく妖しい一瞬を切り取ったものであるのかもしれません。
 全体的な印象は、想像していた作風とは異なり、私が好きな画家の一人とはなりませんでした。しかし、一人の芸術家の画業を通して観ることができたことや、私が好きな絵である「ボール」の絵の画家の立ち位置がよく解る展覧会で面白い発見があり有益な展覧会となりました。
 タペストリーの展示によると、9月23日まで開催されていますので気になる方は観に行かれてはどうでしょうか。

 また、同時に「バルテュス 最後の写真-密室の対話」展も開催されていました。閉鎖された空間で観るバルテュスの最後の写真達は妖しいものでした。都美術館で観たバルテュスの絵の感じが写真からも漂ってきていました。こちらは9月7日までだそうです。