「シャニダールの花」という映画

imgres

 

好き嫌いが別れ易い映画。 というか、
映画の方がお客さんを選んでしまう映画なのかもしれません。

映画の冒頭がすっごくクールで良いんです。
映像も音楽も。かっこいい。
(ぁ、ネタばれしちゃいますけどあせあせ)
主役の植物学者、大瀧の声で静かにナレーションが流れる。
次に暗闇の中から白いうなじを見せた大瀧が現れる。
そして体中から狂気を放ちながら画面を横切る。
題字が出て、数々の綺麗な花のアップ写真の上に出演者の名前が浮かんでいる。
私、このオープニング、大好きです!!!

話は、
限られた女性の胸に花が生えてくる。
その成分で特殊な新薬が作れないものだろうかと目を付けた製薬会社が作った研究所で、彼女たちの花を守り育て、満開になると高額で買い取る。
という『シャニダール社』での出来事から話は動き始めます。

研究所の中に作られた快適な生活スペースで生活する女性たちのセラピストとして入社した黒木華さん演じる響子は、綾野剛くん演じる大瀧とペアを組みます。
お母さんに気を使いながら、悩んだ末入所したハルカ。
両親に恵まれず、コンプレックスや寂しさを抱えながら、でもちょっとプライドの高いミク。
大瀧に恋心を持ち、咲いた花をシャニダール社に売り渡したら出所して大瀧に会えなくなると不安がるユリエ。
彼女たちと接していくうち、響子はこの胸に生えるシャニダールの花に深く深くのめり込んでいき・・・
と、あとはHP で
http://shanidar-hana.com/

物語は空想的なものだけど、映画の中の雰囲気はリアルっぽくてスマートです。
それは演じている人達の演技もあると思うけど、使われている建物(オール神戸ロケで、大学や植物園など)や美術や、衣装のスマートさも多いにあって。
白とベージュ(メタリック?)で統一された研究所内で、でも床はフローリングだったり、対照的に大瀧のプライベートな部屋は森の中を思わせるような植物に満たされた空間だったり、
衣装も、一見シンプルなTシャツのように見えて実は袖や脇に微妙にシャーリングが入っていたりシルエットがおしゃれだったり、
胸に花を守る窓の付いた服はちょっと宇宙っぽく未来っぽくみえても決して突飛ではなく、
そして、監督イチオシ!の白衣については、綾野剛君がとても簡潔で判り易い説明をしています。

芽大瀧の白衣は肩や腕の所に多少の圧迫感があり、それでいて裾の部分は軽やかで前から向かってくる物を全部放出するように風が抜けるようになっていて、
響子の白衣は丸みを帯びていて包容力があり、前から向かってくるものを全て受け止めるような感じ。芽

二人の白衣の違いは着ている二人の性格をよく現わしていると思うんです。

この映画の話の中で、響子はずっと一貫しています。
花にのめり込んでいってからも、自分の胸に花の芽が出てからも。
それに対して、大瀧はだんだん壊れていく、というか・・狂わされていくというか・・・
なので響子と向き合っていると凄く不安定で取り乱して急に大声になったり、独り言で自分を納得させてふさぎ込んだり。

私、「黒木華さんって、上手いな~~~」と思ったのは、そういう二人のシーンでした。
大瀧がどんなに乱れても、まるで、人知れず湧き出ている山奥の泉のように、慈悲深い菩薩様のように、響子は凛として静かに大瀧に向き合うんです。静かなのに、その奥では揺らぎのない小さいけれどしっかりした炎を持っているような。
良いですよ――。はるさん指でOK

この映画、私は好きです。
ただ、ラブストーリーとして捉えるなら、もう少し大瀧が響子を好きになって行く過程を見せて欲しかったし、
ファーストシーンで見せたようなミステリーっぽい話なら、もう少し花と、その花が人(世間)に与える影響を見せて欲しかったな。
・・・と。
あ、いえいえ、そんな事を細々言ってしまうと、この映画の輝きが縮小されてしまうような気もします。
なんで人の胸に花が咲くの??とか、
花を使ってどんな薬を作ろうとしていたの??とか、
話の途中で立ち止まって考え込んでしまわない方が良いんです。

立ち止まったら負けよ

とても愛くるしい我家の愛犬。

目黒の賃貸マンションの階段を降りれないワンです

俺が帰宅する時間に2階のキッチンにかみさんとワンが居ます
かみさんは夕飯の支度
ワンはかみさんのすることを眺めたり、ドアの開いている部屋を巡回(笑)している様です

玄関を開ける音は2階のキッチンでもわかります
ワンは遊んでくれる相手が帰ってきて喜んでいる様ですが、階段を降りてくる事が出来ません
降りる以前に階段の50cm手前でチキン状態だそうです

それも時間の問題なのでしょうけどね

久々にかみさんの機嫌がいい

かみさんが帰宅後、ワンのゲージ内掃除をしなくて良かった事が理由の様です(笑)

きっとかみさんはワンを「いい子だね」って滅茶苦茶褒めたんだろうな・・・・・・ワンがワガモノ顔

(;-_-) =3 フゥ

たまにはいいか(笑)

ひとしきり遊びまわって爆睡しています

この休みに写メでも撮っておくかな
可愛い時期・・・・もう過ぎちゃったのかも(爆)

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」という映画

imgres

 

急に「気楽なものが見たい!」という気分になり、映画館に飛び込み、予告編が面白かったこの映画を観ることに。終了時間=ほとんど終電時間だというのに客席はかなりの入りで、映画では珍しく、両隣を知らない人たちに挟まれての鑑賞となりました。でもって、みんなで一緒に笑ったり声あげたりして、当初の希望通り楽しんできました。発散型の映画は気持ち良いです!

まずは、監督:三池崇史×脚本:宮藤官九郎×主演:生田斗真のトリオが抜群。おまけにキャスト表の豪華さといったら! 劣等&不祥事起こしまくりの警察官が、ヤクザの事務所におとり捜査を行る潜入捜査官(=モグラ)に抜擢される、というストーリーなんですが、漫画タッチのコメディをだれることなく、芸達者たちが存分に暴れまくることで、客席は笑いと幸せに包まれたのでした。

それにしても、生田斗真ってモノローグ芝居が何てうまいんでしょうね。芝居と解説を同時進行させちゃうのが小気味良くって違和感なし。格好悪くても、拷問されても、お間抜けでも、スターとして存在しているのが凄いし、決めの場面ではビシッと引き締める、緩急自在さに舌を巻きました。ま、これだけの脇役が控えているんだから、生半可な役者じゃ主役を張れませんけど。

エンドロールでビックリしたんですが、岡村隆史や上地雄輔もかなり大きな役で出演していたんですね。特殊メイクがあまりに見事で、このお二人とは気づきませんでした。こちらもアッパレ。

予備知識なしで飛び込みで見る映画としては最高! 週末、じっくり観るのではなく、ウィークデーの残業帰りあたりに観るのがオススメ。適度に肩の力が抜けますぞ~。

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」という映画

imgres

HUMAXシネマズ池袋で「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」を鑑賞してきました。公開を待ちわびていながらやっと……ヒットガールにしばかれるかも(笑)

なんちゃってヒーローとして活躍したキックアスことデイブはヒーローを辞めて普通の高校生に戻りますが、一念発起して再びヒーローとして生きる道を選択。本物のヒーローになるためにヒットガールことミンディの特訓を受けます。
やがてキックアスは彼自身に刺激を受けたカーネル率いるヒーロー軍団と出会いますが、肝心のヒットガールは亡き父との約束で参加せず。そしてデイブの親友だったレッドミストことクリスはマザーファッカーに変身し、財力を活かして強力な悪の軍団を結成。父の仇であるキックアスの抹殺を狙います。
多感な時期のデイブとミンディに問われるヒーローとしての使命。キックアスは次々に周りが犠牲になっていき、それまで黙認していた警察からも追われるなどピンチに陥ります。はたして逆転の秘策はあるのか!?

ヒットガールのドSぶりに磨きがかかっていましたww
デイブとの特訓の鬼っぷり、ミーンガールっぽいセレブなお姉ちゃんに恥をかかされた報復。どうしても隠しきれない過激な言動の数々と強烈。ヒットガールを怒らせたら倍がえしじゃ済まない!!キュートなクロエ最高!!
相変わらず凡庸なキックアスにはなんとなく安心。正義の旗の元に集まった仲間たちも、元マフィアのカーネルを筆頭にヒーローには見えない連中ばかり。ジム・キャリーは久々に観ましたよ。
ヘタレなクリスがかき集めたマザーファッカー軍団の中では、マザー・ロシアの圧倒的な存在感で他が霞むレベル。とりあえず様々なやられ方だったNYPD乙ww
戦闘シーンもバリエーションが多く、クライマックスのバトルではお約束の全員集合。そしてエンドロールの後には続編へのヒントが…

さすがに神がかっていた前作には及びませんが、満足度は高かったです。ツッコミどころが多いのもご愛嬌ww

ジャスティス・フォーエバー!!

「大統領の執事の涙」 という映画

imgres「プレシャス」などのリー・ダニエルズ監督のアメリカ映画で、モデルになった人の実話にインスピレーションを受けたフィクションです。 綿花畑の奴隷からハウスニガー(家事使用人)、ホテルの給仕を経て、ホワイトハウスの執事になったセシル・ゲインズは1957年から1986年まで、アイゼンハワーに始まり、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、カーター、レーガンら7人の米合衆国大統領に仕えた黒人です。 セシルは白人に父を殺され、母を廃人にされ、心に傷を抱えながらも、白人を憎まず、自らの仕事に誇りを持ち、ホワイトハウスでの仕事に従事します。 長男ルイスは、そんな父を恥じ、反政府運動に身を投じていきます。次男は志願してベトナム戦争へ・・・。 この映画は、ひどい黒人差別、差別と戦う公民権運動、キング牧師暗殺、JFケネディ暗殺、ベトナム戦争、オバマ就任とアメリカ現代史、主に米国での人種差別撤廃の歴史を背景に描く家族、特に父と子の断絶と和解の物語です。 白人に仕える仕事をしている父を恥じる長男ルイスに、キング牧師が言う言葉、「執事は気品のある行いをすることで、黒人への見方を変え、白人と黒人との間の憎しみを溶かしている、彼も本当の戦士だ」がとてもよかったです。 セシルを演じるフォレスト・ウィテカーの抑えた演技はもちろん、豪華なキャストも楽しめました。 ジョン・キューザック、アラン・リックマン、ロビン・ウィリアムズ、テレンス・ハワード、ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレーブ、オプラ・ウィンフリー、マライア・キャリーも・・・。 映画館は満席だし、アメリカでも3週連続一位の大ヒット、アカデミー賞には好かれなかったけれど、とても良い映画で大満足でした。

この間の大雪で思うこと。賃貸編

昨日
少し無理をして船引の眼医者に行ってきた。

いつもより30分早めに家を出たのだが
車をすれ違うのに苦労するほど道幅が狭く
除雪が予想より進んでいない。

これでは押上の賃貸
前に除雪車が来ないわけだ。

悪路のせいで眼医者は空いていたが
帰りにコンビニに寄ったらおにぎり
パンの類は見事にゼロ。

全国的な現象らしいが
3・11直後を思い出してしまった。

それくらい衝撃の大きな自然災害だったといえるのではなかろうか。

都路に戻ると
「あそこが潰れた」「あそこが壊れた」という噂が飛び交っていた。

ここは野次馬根性である。

まず「屋根が壊れた」という家を訪問。

ここは震災後に古家をリフォームしたばかりだったのに
新しい瓦屋根の縁が破損している。

理由はわからないが
近所の話によると雪止めに無理な力がかかったためらしい。

瓦が地震に弱いことは震災で体験済みだが
まさか雪で壊れるとは。

意外に脆いものである。

次に「家が潰れた」という場所を見学。

ここも知り合いの家だが
確かにトタンの古い家の屋根が潰れていた。

私は物置だと思っていたのだが
妻が聞いた情報によると「婆ちゃんが住んでいた場所」だとか。

たまたま外出していて
ケガはなかったらしい。

不幸中の幸いである。

都路ですらこんな雪害が発生するのだから
雪国ではただごとでないだろう。

こんなことが毎年起こったのでは
たまったものではない。

「そういえばあの年は」という思い出になってほしいものだ。