黄砂に吹かれてby工藤静香

急ぎの仕事が一段落してから、今日も喘息のほかにまだ悪寒がしたり喉が痛かったりしているのですが、さっきその正体が分かりました。
体が炎症を起こして熱を持ち、関節がキシキシ言う。アレルギー反応ですね。PM2.5です。ピリピリして、顔にぼつぼつが出来るので放射性物質も混じっていますね。黄砂かな?
5日くらい前から日本に本格的に上陸しているんですね(>_<)

まあその正体が分かれば、色々対処が出来るので寝込んだまま。と言う事はなくなるのですが。

一時流行った断舎離。
どうやら私の場合は人のようで。今年に入り、古くからのマイミクを切りました。
今日もまた一人。
未練ではなくちょっと悲しかったのですが、こうなっては自分で気づくしかないので、本当に初めからのマイミクでしたがお別れしました。
まるで学生の頃の自分を見ているようだったので・・・。

その人は、病苦から過激派のような思想になってしまいました涙
それに日本は悪い国だと言う方が聞き慣れているから余計でしょう。日本は良い国だと言われることに違和感を覚え、洗脳だとも言っています。

他の国ではそんな事さえも言えない国が多いのですし、ましてや『障害者』や『寝たきり』と言う言葉が無い。と、持て囃された国のように、思想からそうなってしまった場合、安楽死を選ぶしかない国もあります。
原発がどうのとも言っていますが、毎日苦しんでいるこのPM2.5が流れてくる国はどうでしょう?福島どころではありません。
アメリカの州なんかになってしまったら、ギリギリだけれど何とか生活出来ている今の暮らしさえも、出来なることを保障します。

だけど日本の中の悪い部分しか見えないために、その人にとって日本は地球の中で最悪な国なんです。

私は中学から大学卒業後数年まで、過激派メンバーの中に身を置いていましたから、初めからその人とは意見には相違がありました。
しかし、絶賛している民主党そのものがその本丸だ。と、言うことにはある程度の理解は得ていたのですけどね。もう9年の付き合いでした。

でも、日本は良い国だと言われることに違和感を覚えるのは、本当に恐ろしいと思う。
いつか気づくことを祈るしかないのだけど・・・。

あと、中学から数年前まで付き合いがあった、一応恩師として心に留めておいた絵の先生とも、本当に断舎離しました。

高校生の頃銀座の画廊で見た、あまりに手を抜いた先生の商売画にもショックを受けましたが、この先生にとっても日本は世界に劣るよう。
食べていくには、自分はその国の中でレベルの高い画家でいることが必要だから、日本にいるだけだそう・・・。
うん。これじゃ売れるはずが無いよウッシッシ

少し寂しいけど、今のすばらしい友人たち、人たちに出会えたことが嬉しいから、特に未練は無いんですよ。