旅に出ます。

三連休だったので、ただ家で寝ているだけではもったいないし、ということで、
フォト
今さらそんなこと言っている人はいないと思いますが、3月23日になって、2014年初めて飛行機に乗ることになり、初めて羽田空港に行ってきました。春でもまだ気温も低く、冬のようになっていたので、飛行機越しというか滑走路の向こうに早くも富士山が見えます。飛行機は、ある月は国際線と国内線含めて、1ヶ月に7回乗っていたとかもありましたが、そんなことも遠い日のできごとのようになってしまいました。
フォト
飛行機からも、富士山が見えます。以前はもっと計画性を持って、あらかじめ飛行機を予約していたものですが、今回は連休に入ってから思い立ったって利用しました。あれ、飛行機ってこうやってホームページで予約して乗れるんだっけ、と昨年7月以来の飛行機なので、すっかり忘れていました。本当は、東京と大阪jの間だったら、6時30分の飛行機だったら新幹線よりも¥3000ほど安く乗れるので、以前はそんな時間から飛行機に乗っていたのですが、すっかり臆病になったというか、起きられるかどうか心配だったので、それから1時間後の7時30分の飛行機に乗ることになりました。以前は、金曜日は残業したり飲み会とかあっても、平気で翌日は始発の飛行機に乗っていたのですが、すっかり弱くなっていたようです。1時間と割引額の差の¥1000を比較して、¥1000の方を選択して飛行機に乗ると、
フォト
客室乗務員ってみんなこうだったか?、というような感じの髪型をしていることすら忘れていました。あんなに飛行機に乗っていたのは何だったのか、と思いつつ、
フォト
飛行機は大阪空港に着陸して、そこから大阪モノレールに乗って、阪急宝塚線の蛍池という駅に行き、梅田行きの電車に乗ります。東京と大阪の間は新幹線に載る人が多いからか、早割とか関係なく早朝や深夜の便は割引が設定されています。新幹線で往復するのもつまらないし、少しでも割引になるから、ということでわざわざ大阪でも飛行機に乗っていました。こうして関東地方以外の電車に乗るのも2014年初めてになります。阪急の電車の色は昔から変わらないと思いつつ、
フォト
地上の駅から地下の駅に行きます。そこから、タイガースでなくてジャイアンツ色の電車に乗っていきます。今日も、また、という感じで、甲子園球場まで行くことにしてみました。春の大会も夏の大会もそうですが、大阪市内には現在高校野球がやっているということは、梅田駅にしか出ていません。
フォト
電車の中から、淀川を渡っていきます。東京都内の荒川よりも大きな川を見て、梅田から15分くらいで、
フォト
甲子園駅に着きます。甲子園駅は今さら、って感じでようやく改築していくようになり、今はこんな感じで通路に屋根がつくようになっていました。
フォト
2014年に90周年ということなので、1924年に甲子園球場ができたということはわかりますが、こんな感じになっていることはわかりませんでした。
フォト
この神社も何だかんだで毎年参拝していることになる、甲子園素盞雄神社でも参拝していきます。社務所にいた方のお孫さんは、今年國學院大學を卒業されたとかそんな話をしてから、
フォト
すでにチケットは買ってあっても、同じところばかりではつまらない、ということで無料の外野で見てみます。春は人気がないのか、以前は春は関西ローカルで中継していた毎日放送は放送をやめて、高校スポーツなら女子サッカーを中継してなでしこジャパンの布石にしていたのですが、どういうわけか外野は満員になっていました。
フォト
三塁側は沖縄尚学となっていました。沖縄らしく指笛も聞こえてきます。沖縄尚学は春は2回の優勝経験のある甲子園常連校ですが、駒大苫小牧とか北海道でもわざわざ来てオリジナルの応援をしているのに、応援はあまり盛り上がることもありません。これは沖縄代表はどこも同じような状況ですが、沖縄の高校生はまだこの時期甲子園も寒いし1回戦から行ってられない、ということがあるのか、吹奏楽部やチアガールは兵庫県内の他の学校に、社会人野球のようにアウトソーシングしている状況になっています。この前、池田高校と対戦した海南高校とかは、曲も工夫してきゃりーぱみゅぱみゅや千本桜とかやっていたのに、ということは沖縄の学校の応援ではまずありません。
フォト
一塁側は報徳学園になります。報徳学園は地元西宮市に学校がありますが、何度も出ているので、あまり地元が盛り上がることもないようです。西宮市なら関西学院のほうが人気や甲子園での動員力はあるようです。
フォト
さて、そんな中、夏はなかなか買えない中央特別自由席もあっさり買えたし、ということで、第2試合と第3試合でも見ることにして、甲子園歴史館でも見てみます。
フォト
ここは高校野球や阪神タイガースだけでなく、アメフトの大学日本一を決める甲子園ボウルもカバーしています。今は甲子園球場で開催される競技は野球とアメフトくらいですが、昔は新潟県から雪を運んでスキージャンプをやっていたということなので、昔のほうが何か凄かったような気もします。
フォト
そんな感じで甲子園球場を一周して、
フォト
第2試合から甲子園球場を見ていきます。来月から消費税が増税されますが、甲子園球場は時代を先取りしていたのか、さっさと3%以上値上げされていました。来年の消費税10%のときは据え置かれるのでしょうか。
フォト
ビールも焼鳥も焼きいかも値上げされていますが、朝からビールを飲んでいきます。
フォト
三塁側は宮城県の東陵高校となります。東陵高校は東日本大震災で被害の大きかった気仙沼市に学校があります。今回は、もう21世紀枠での震災枠はありませんでしたが、東北大会準優勝の実力で甲子園出場を果たしました。気仙沼からは仙台も大阪も遠いのですが、アルプススタンドはいっぱいになっていました。応援はジャイアンツのチャンステーマも使います。
フォト
一塁側は白鴎大足利となります。栃木県足利市には、日本最古の学校の足利学校があったり、森高千里作詞の“渡良瀬橋”の舞台となったところでもありますが、関西ではほとんど触れられることもありません。関西を意識してか、それともいつも使っているのか、タイガースのチャンステーマを使って応援することもあります。
フォト
中央特別自由席で、屋根のある下で見ていくと、23日は気温が高くなっていたのに、通り抜ける風は冷たく、さらにそんな中でビールを飲んでいると、寒くてたまらなくなってしまいました。そこで、試合もワンサイドで決まりかけていたし、ということで通路の中の店のモニターで試合を見ながら何か食べるようにしていきます。甲子園球場はアサヒビールの独壇場でしたが、キリンビールもキリンカップとかやっていてもサッカーばかりではということもあるのか、甲子園球場の改築に合わせて参入して、ビアレストランを開設していました。
フォト
そこで、関西らしく牛スジの入った、ぼっかけうどん、といううどんを食べます。この前讃岐うどんを食べたばかりですが、讃岐うどんとも、また関西のうどんとも違ううどんになっています。
フォト
夏は銀傘の下で見ないと熱射病で倒れそうですが、春は屋根がないところのほうが暖かくていいか、ということで探してようやく下のほうで見ていくことにします。試合は白鴎大足利が勝ちました。
フォト
そのまま、第3試合も見ていきます。三塁側は、プロ野球のときにはまずないようなピンクで染まっています。日本大学がピンクをスクールカラーとしているので、付属高校も同様な、佐野日大高校になります。今回の大会は、隣り合っている群馬県桐生市と栃木県足利市と栃木県佐野市から代表校が出ていますが、ほとんど話題になっていません。佐野アウトレットモールとか、関西から行ったことのある人もいないのかもしれません。応援としては、日本大学が使っているような応援もあります。付属校ということで応援指導とかあったのでしょうか。
フォト
そんな席で、甲子園球場に来ると食べることにしている甲子園カレーを食べていきます。甲子園カレーも、ひそかに値上げしていました。
フォト
一塁側は熊本県の鎮西高校となります。学校紹介ではくまモンが出ていましたが、実際は応援には来ないようです。高野連は頭が固いのか、ゆるキャラとか甲子園では許可しないようです。応援としては、社会人野球で使っているというか、東京ドームや京セラドーム大阪ではよくあるけれど、甲子園球場ではなかなか演奏されたことのないはずの“全開HONDA”が演奏されていきます。社会人野球のホンダ熊本の関係者が野球部にいるとかあったのでしょうか。
フォト
そんな第3試合は、NHKの野球中継では、レジェンド、ともいうべき小野塚アナウンサーが実況していました。昨年夏の大会は小野塚アナウンサーは神戸放送局にいても一試合も担当しませんでしたが、今大会は復活していたようです。しかし、他にアナウンサーが多いからか、テレビはこの試合だけしか担当しないことになっています。痛烈~、というフレーズが好きなアナウンサーでしたが、投手戦だったのかそういう場面はありませんでした。録画していたので後でチェックしていくことにします。
フォト
そんな、ひそかに佐野ラーメンVS熊本ラーメンの対決になっていた試合は、佐野ラーメンのほうが勝ちました。これもまた、という感じで、熊本ラーメンはともかく、佐野ラーメンとか関西には店とかなさそうだし、関西では食べたことがある人とかほとんどいないのではないか、という気もします。せっかくだし、やめた、とか言わずに、この夏も来るか、という感じで、甲子園球場を後にして、
フォト
おみやげでも買うか、来週はひさしぶりに会う人もいるし、ということでグッズ売場へ行くと、入場制限となっていました。池田高校のグッズはほとんどすべて売り切れとなっていました。この週末は、Jリーグ初の無観客試合もありましたが、そんな週末のスポーツイベントの中で、池田高校の試合の44000人という観客はNo.1だったようですし、人気は健在のようですし、シャープ産業としてももっとグッズを作っておけばよかった、遺失利益は大きいということになっていたのでしょうか。
フォト
その後、知り合いのファンに買っていくか、という感じで高校野球期間中も阪神タイガースグッズを売っているところに行きます。ふと、サンフランシスコに行ったときに、AT&Tパークの中のグッズ売場もこんな雰囲気だったということを思い出します。東京ドームではそんなこと感じなかったのに、どうしてそんなことを感じていたのか、と思いつつ、
フォト
20分に1本は直通が走るようになっていたので、乗換なしで大阪難波に行き、道頓堀へ行きます。ここは関西に来れば、毎回来ていて、東京には、いや他にはこんな雰囲気の繁華街はないなと思いつつ
フォト
かに道楽やふぐのづぼらやの看板を見ていきます。それに加えて昔はくいだおれ太郎やすっぽん太郎もいたのに、とか思いつつ、
フォト
水掛不動尊にまた参拝していきます。
フォト
そんな道頓堀で、これまた関西らしく、
フォト
串カツを食べて飲んでいき、
フォト
店を出ると、暗くなっていきました。
フォト
これも、昔は見たかったのに、高校生になるまで見られなかった、グリコのネオンを見ていきます。ここは節電なのか、19時まで点灯しないのかわかりませんが、点灯していませんでした。まあいいか、また来ればいいし、ということで、明日が気になるから、ということで、
フォト
大阪駅に行きます。大阪駅の伊勢丹はダメダメだ、ということもありますが、東京に住んでいる人間がわざわざ見ることもないか、と
フォト
今年2014年初めてJR西日本に乗り大阪から新大阪に行き、
フォト
今年2014年は東京と新横浜の間は乗っていた新幹線に乗り、
フォト
いか焼きとたこ焼きのコラボレーションでまたビールを飲むと、米原くらいから新横浜まで寝てしまいました。
フォト
こんな感じで、以前は軽く乗っていた、飛行機も新幹線を、勇気を出して乗っていきました。三連休はこんな感じで終わり、また日常に戻っていきます。今度はもっと気軽に、昔を思い出していき、行動範囲を広げてみることにします。