我が家必須の調味料

我が家必須の調味料「生山椒一味」が切れてしまって久しく、本格的な鍋シーズンが始まる前に入手すべく、ちょいと遅めなタイミングだけど山梨は昇仙峡方面へ紅葉ツーリングに行って来ました。

9時過ぎに木更津を出発。アクアラインを走っていると、都心方面はかなり混雑している様子だったので渋滞を避けるため、東名→圏央道ルートで中央道を目指す。 先月末の志賀高原でエラく寒い思いをしたので、上下革+アンダーウェアの割と冬装備。

想定していた横浜町田ICでの渋滞もなく、スルスルっと走って八王子JCTまで首都高ルート(渋滞なし)とほぼ同タイム。若干距離が長いのと高速代がよけいにかかるけれど、混雑のストレスがないのは◎。 これからは状況によって使い分けよう♪

さて、韮崎ICで降りて、目指すは昇仙峡…ではなくひと山東側の県道。 何せ紅葉シーズンの昇仙峡は混雑するので、裏ルートで黄色く染まった山を堪能しつつ、ひたすら藤原庵を目指して走行。 こちらもちょうど良い色づきで、しかも地元の人以外往来する車は皆無♪ 赤い色は既に落葉してしまっているものの、カラマツが黄色く染まった中をグリヒでヌクヌクしながら走るのはかなり快感。

荒川ダムから野猿谷林道に入り、数キロ走ったところで藤原庵に到着。ここはメインのほうとうだけでなく山で採れたキノコや特産の花豆等々、山の美味がてんこ盛りなお店なんですが、おいらの本命は自家製の「生山椒一味」なんです。
文字通りの山椒と唐辛子をごま油であえたラー油っぽい調味料なんですが、非常に中毒性が高く、鍋物全般はもちろん、味噌仕立ての料理や炒め物にちょびっと追加すると味が引き締まり、とてもおいしくなります。 特にここのほうとうに入れてしまったりすると…ハァハァ おなかいっぱいでも手がのびてしまいます^^;

やっかいなことに、これの中毒患者が年々増えてきている模様で、品切れになっているときも多く、夏に訪れた際は入手できませんでした。
今回も店先には置いていなかったのですが、ご主人がお店で使う分を少し分けてくれました。感謝!です。 ほうとうと様々な珍しいキノコをおいしくいただき、幸せ気分いっぱいで帰宅♪ 今回ゲットした生山椒一味で、これでおいらはあと半年は戦えます!

幸せと言えば、大親友から結婚するって連絡が入りました。
手伝って欲しいって言ったので、結婚の費用などをいろいろ調べないとね