寝台特急が・・・

トワイライトも北斗星も廃止になる・・・。

まぁ、ぶっちゃけて言えば北海道民(函館本線沿線住民等)には北海道新幹線の恩恵はぶっちゃけ殆ど無いってもんですわ。

参考までに札幌と函館間の途中駅でどれだけ利用客がいるかと言えば、人口比率からしたら雀の涙程度。
スーパー北斗7両編成のうち閑散期で6割程度の利用のうち大半は登別や室蘭・伊達紋別方面の利用。
新幹線10両編成にしたところで利用がどこまで伸びるか・・・大した伸びないで終わりのような気もしますなぁ・・・・。

北海道新幹線は北関東と道南・道央を直接結び飛行機利用よりも便利と謳っているが、仙台から大宮まではノンストップで、途中の宇都宮や郡山へ行きたければ乗り換える必要が殆ど。

仙台から大宮まで1時間半以上ノンストップで通過せざるを得ない状態で、北関東からの利用客なんて呼び込めるかどうか不明。
そう言えばこの間知人が東大宮に一戸建てを買ったって言っていたな。今度行ってみるか。

ましてや東京から函館・札幌まで新幹線で利用する客がいるかと言えば所要時間を考えれば微妙どころか皆無の可能性も・・・。

そんなもんに多額の税金と在来線や今でも根強い人気がある寝台列車を犠牲にしてまで必要かねぇと思いますよ。

寝台特急を利用してきた客層が新幹線へシフトする訳も無い。

この新幹線計画も最終的には一部の関係者(政治家と地元関係者)が旨い汁吸ってオシマイでしょうなぁ・・・。

んで在来線が廃止または第三セクター化される地域は過疎化がさらに進行・・・。

今からでも馬鹿げたこの新幹線、止めないかねぇ・・・。