大学の時の友人が転職する

大学の時の友人が会計士をやめたらしい。倉敷不動産の友人づてに聞きました。

 30歳前には会計士に受かってて関西の大手監査法人に入っていたんですが、2年ほど前に会った時に辞めるかもと言っていました。元々SEの仕事をしていて辞めてから目指したんですが、今また監査法人の子会社でSEをやっているのだとか。

 まさか彼が本当に転職するとは思いませんでした。せっかく取った会計士の看板を下ろす、と。一体なんのために会計士をとったのか良くわかりません。でも意外とこういう人多いんですよ。会計士を取って数年監査法人にいて転職する人。ブログでもよくみますから。

 その多くは税理士にもならず(会計士は税理士登録する権利があります。)に一般事業会社へ転職していきます。監査法人に長く在籍してその中でのし上がっていくのは想像以上に厳しいのかもしれませんね。
 
 管理人が院生の頃には、一時期、会計士が高級公務員みたいな扱いになってしまったことがあって、猫も杓子も大手監査法人に入る風潮があったのですがそれも一瞬で下火になったようです。まだ最終合格してない人でも入れましたから。しかし大々的に人数を集めて肥大化した監査法人はその後すぐに大規模のリストラを行い多くの人は去って行きました。

 頑張ってしぶとく残っていたとしても、人数が多すぎて、(本来なら少しずつでも上に行くのですが)、全く上に昇格できず、閑職へ追いやられモチベーション低下で辞めることになったみたいです。いたところで何の仕事もなく、スキルも上がらなく干されている状態になります。

 管理人も一時は大手監査法人に入る人を羨ましく思っていたのですが、身近な友人がこういうことになると、もし仮に監査法人に入っていたとしても、自分が思う税理士にはなれなかったかもと思います。

 最初から大手税理士法人系の監査法人に入った人は割りとうまく税理士に鞍替えできたようです。しかしながら税理士法人に近いということはそれほど規模も大きくない監査法人なので、最初から会計士としての王道ルートからは外れています。

 う~ん、みんな漂流してますね。管理人は当面税理士稼業を修行して、それとは別に不動産で食っていくつもりです。税理士+実業家としてやっていきたい、柱が2本あったほうがより堅実です。

 管理人の院の同級生(同い年)は企業勤務の傍ら、今から税理士を目指すとたわごとを抜かしていましたが、税理士目指すとしてもリミットは35歳までですよ。35歳までに取る算段を立てないとその後のキャリアは厳しいです。未経験で受け入れてくれる事務所はほとんどありませんしね。

  その友人は企業内税理士になりたいと、これまたたわごとを抜かすので、企業は内部に税理士なんかいらないよと強烈に説教しておきました。この歳になってもまだ資格取得後のキャリアをわからずに、ただ単に見栄やステータス狙いで目指そうとするとわ・・・。呆れて物が言えなかったです。早く目を覚まして欲しいと願います。