八幡平ビジターセンター前で一枚撮影。

どうでも良い様な事で取締役会が開催され、会議よりも前後の与太話のほうが盛り上がるという状態に嫌気がさし、急遽有休をとって走りに行った。ま、木曜日、金曜日の天候が怪しいというのも理由の一つ。

八甲田が紅葉見ごろという報道もあり、そちらは体育の日に残しておくとして、似た様な場所?の八幡平に行ってみることにした。

アスピーテラインの入り口にある「クマ出没注意」の看板が行く手を阻む。
紅葉はまだ色づき始めで、山頂付近で相応だけど、平地は全く秋の気配なし。
山頂はまるで竜の巣状態で撮影どころの話ではなく、素通りして秋田県側に進む。

大沼の八幡平ビジターセンター前で一枚撮影。
この写真では人が映ってないが、こんな山奥にどこからこんなに来たんだ?というほど人が沢山。
駐車場はほぼ満杯で、道すがらの空き地には車が沢山。どうやら紅葉観光客と温泉客に加えて山菜取りの人々と、今が最盛期らしい。

モレモレとする後生掛温泉、澄川温泉、玉川温泉をすり抜け、宝仙湖に進む。
ナビ代わりのハイドラを見たら、ダム管理事務所と思しき所にポイントがあるようだったので休憩がてら立ち寄ってみる。

きれいな管理事務所に資料館があって、立ち寄る意味も盛大にあったが、肝心なハイドラはネットワーク断絶でシステムがフリーズ、休憩状態にしたら再起動しなくなるとかダメダメ状態に。

仕方がないからナビ不在で田沢湖に向かう。

紅葉なんてどこ吹く風?状態の、緑の中を駆け抜ける真っ赤なバイク。
お約束の金粉ショーの人の前で記念撮影。

ここまで来たのだからと角館まで足を延ばす。

やはり緑深い街並み。
桜の時期と違い規制もなく順調に武家屋敷通りに侵入する。
観光客目当てで店も賑わっていて、結構活気がある。
平日でも相応の観光客数。
もう少しゆっくりしたかったけど、夕刻までに帰宅するために写真撮影だけしてとっとと帰った。

ほんと、バイクで走るだけというつまらない事この上ない旅と、自分であきれ返る始末。

中野区の不動産に興味のあるかたはぜひご参考になってください。

詳細はここ

未公開中古マンションの物件や会員限定の物件が沢山掲載されているので、
ぜひ登録して、あなたにピッタリな物件を見付けましょう。