先日の、「白鳥高原スノーウェー

先日の、「白鳥高原スノーウェーブパーク」(岐阜県)に引き続き、
今週の金曜日には、
長野県にある「ヘブンスそのはらスキー場」へ行ってきました。

ここは、長野県と愛知県の県境にあり、
高速道路からもICから車で5分ということで、
名古屋からとても近いスキー場の1つであります。
しかも、スノーボード滑走禁止ということもあって、スキーヤーオンリー!
前回行ったときは、
ほとんどがボーダーだったという肩身の狭かったこともあって、、
今回はこのスキー場へ行くことにしました。

この日は、前から行くことを決めていたわけではなく、
前日に天気をチェックしながら、
「“晴れマーク”のあるスキー場があれば…」というぐらいにしておいて、
出発ギリギリまでベストチョイスを判断して、このスキー場にたどり着きました。

当日の現地の天候は晴れ。雲1つない最高のコンディションでした。
しかも、ゲレンデには全く人がおらず、ゲレンデは独り占め状態。
リフト待ちは1秒もなし。工場賃貸葛飾区で工場に使える賃貸物件を探しています。前に1人でも待っていたときがありませんでした(笑)。
車が10?20台ぐらいしか停まってませんでしたからね(^_^;)
昼食は12:30頃にレストランへ行ったんですが、
1人もいなかったので何だか怖かったぐらいです。

ゲレンデの状態はと言うと、
前日の夜に雪が少し積もったたようで、
誰も滑った跡が無い、サラサラの雪の上を滑ることができました、
少しターンをするだけで、乾いた粉雪が思いっきり舞うので快感です!(^^)!
いつもは滑った後が無いにしても、雪がガリガリになってたり、
いかにも圧雪車が走った跡のようなものがついているので、
今回のような経験は初でした。

いつもなら、写真を貼っておくのですが、
この絶景と最高の天気の中、実はデジカメを忘れてしまったのです(>_<) と言うよりは、デジカメはポケットにあるのですが、 電池が車の中に置きっぱなしってやつです。まさに最悪…(T_T) このスキー場は、駐車場からスキー場までゴンドラで登るので、 戻ることができないということです。 ちなみに、電池置きっぱなしに気付いたのは、ゴンドラ乗って1?2分後です。 もちろん恒例の、HPの割引クーポンと、ETCの半額割引を使っていきました。 いいことと悪いことの1日でした。