今更っちゃぁ~今更だわなw

今更っちゃ今更だけど、『うきうきぬりえ』と『らくがきんちょ』のCMに出てる男の子が、ハーフっぽくてやけに可愛い。

まもなく~第9駅に到着しま~す。

ちょwトッキュウジャーのスマートボール、やってみたいwww

前回の爆弾騒ぎもあったので、烈車は急遽メンテナンスされる事に。

初っ端から毒を吐くなぁ、チケットくんwww

そんなわけで烈車のメンテナンスを行っている間、ライト達はサポート烈車であるディーゼルに乗り換えて旅を続行する事に。

『烈車で旅をする』というシチュエーションは変わらない筈なのに、乗り慣れないディーゼルでの旅に何処か浮き足立つメンバー。

するとトカッチが目を通していたガイドブックに、これから向かう“北伍城”という街が有名な観光地として紹介されている事が分かり、せっかくだから行ってみよう!と再び烈車を降りるライト達。

まるで修学旅行のように観光を楽しむ最中も、皆に気を配ったり、はしゃいで突っ走るライトに目をかけたりと忙しいミオを見て、「学級委員だった頃と全然変わらない」とトカッチ達は顔を綻ばせます。

しばし平和な時を過ごすライト達……しかし、そんな5人を監視するように見つめていたのは、やはりクローズ達。

前回バクダンシャドーを使って陽動作戦を仕掛けたネロ男爵ですが、既にこの街にもマリオネットシャドーを配置し、新たな闇を作り出す計画を立てていたのでした。

果たして、マリオネットシャドーの作戦とは……?

優勝賞品の“まんじゅう食べ放題”につられたライトは、ミオを巻き込んでお祭りで催される『ラブラブ障害物ゲーム』に参加する事に。

春まつりが“第38回”なのは、トッキュウジャーが38番目のスーパー戦隊だからなんだろうかwww

恋愛絡みの話が極端に苦手なミオは、当初ライトとカップルとして出場するのを渋っていた様子ですが、やはり世話焼きリーダーとして放っておけなかったのか、それとも体を動かす競技で負けられないと思ったのか、結局出場する事に。

進行役の人のインパクトが尋常じゃないwww

2人の対戦相手である男性は、ペアの女性を軽々とお姫様抱っこして平均台ゾーンを難なくクリア。

それを見たライトも負けじとミオを抱えようとしますが、驚いたミオは咄嗟にライトを突き飛ばしてしまい、2人の手をつないでいた紙テープが切れて早くも失格に。

ライトの行動が突発的すぎたので驚くのも無理はありませんが、ミオは女性として扱われる事に全く慣れていない様子ですねぇ。

すると突然お祭り会場にクローズ達が出現し、お祭りに参加していた人々を襲い始めます。

あの進行役の人なら、頑張ればクローズの1人くらい倒せそうだがwww

現在公開中の『仮面ライダー大戦』でも少し出てきましたが、5人揃っての素面アクションって本編では初めてかしら?

ライト役の淳くんは可愛い顔して総合格闘技が得意だし、ヒカリ役の流星くんは何と言っても空手の世界チャンピオンになった事もある腕前ですから、これからもバシバシと素面のアクションシーンを披露していただきたいですwww

カグラの手を引きつつ、クローズに華麗に飛び蹴りするヒカリがカッコ良すぎて辛いwww

4人に遅れて変身しようとしたミオですが、先程の障害物ゲームで対戦相手だった男性が逃げ遅れているのを見て慌てて庇います。

男性をその場から逃がそうとするも、今度は逆にその男性に守られてしまいます。

男性はミオを安全な場所まで連れていくと、素人とは思えない見事な動きでクローズ達を打ちのめしていき、コテンパンにやられたクローズは何故かあっさりと退場。

「女の子なんだから、あんま無茶すんな。守られる方が……似合ってる」

そう言ってミオの頭を撫でると、男性は颯爽と立ち去っていきました。

男性が財布を落としたのに気付いて後を追うミオですが、既に近くに男性の姿はなく、何事かと駆けつけたライト達は財布を握り締めたまま呆然とするミオを見て「?」状態。

駅を乗っ取る為にはシャドー怪人が必要なのに、何故クローズだけが現れて人々を襲っていたのか……。

ライト達がそんな疑問を口にし合う中、ミオは男性が落としていった財布から免許証を取り出し、笑みを浮かべながら顔写真を見つめていました。

ところが運悪く(?)、そんな姿をコーヒーを配りに来たワゴンちゃんに目撃されてしまいますwww

その手のゴシップが大好きそうなワゴンちゃんは、ミオが自分を助けてくれた男性に一目惚れしたのだと断定してはしゃぎますが、恋愛が苦手なミオはもちろん慌てて全否定。

そういえば触れるのをすっかり忘れてしまいましたが、ミオを助けた千葉徹を演じられたのは、ゲキレンジャーのゲキチョッパー/久津ケン役で活躍した聡太郎さんです。

ケンの時はロン毛+ヒゲだったので、ケンとのギャップに驚かれた方もいるんじゃないでしょうか。

今回は一般市民という役どころでしたが、ミオを助ける為にクローズと戦うシーンで久々にアクションも見られたので嬉しかったですね。

同じ頃……男性がクローズと勇敢に戦って女性を助ける、という事案が街の至る所で発生していました。

その様子をビルの屋上から見下ろして嘲笑っていたのは、道化師のような姿をしたマリオネットシャドー。

一仕事終えて、マリオネットシャドーに労われるクローズ達。

むぅ……だんだん読めてきましたね。

5人がディーゼルの車内清掃をしている間に、ワゴンちゃんはミオを助けた男性・千葉徹さんの名刺を見つけ、勝手に電話をかけ始めてしまいます。

後ろの方で自由に動き回って周りに迷惑かけているライトが、完全に小学生の時にクラスに2~3人はいた男子の姿そのまんまだwww

床にスライディングしてから足をバタバタするライト可愛いwww

「あの、お財布を預かっています。返してほしければ1時間後に、さっきのゲームやってた広場に来て下さい!」

うん……一言一句、脅迫電話にしか聞こえないねwww

呼び出し方は大分男らしかったですが、「デートでしょ?」とまたしてもはしゃぐワゴンちゃんの声に、ライト達は「“あの”ミオがデート……!?」と言わんばかりの驚き方。

「違います!これは……これは……決闘だよ!」

( ゚д゚)ポカーン

自分が千葉に一目惚れしているんじゃないか、という疑惑をとにかく否定したいが為に、いよいよミオの言動が残念な事になってきたwww

お祭りのゲームでも負けっぱなし、戦いでも助けられっぱなしでは、トッキュウジャーとしてのプライドが許せないと急に熱くなっちゃうミオwww

う~ん、やはり梨里杏ちゃんのようなキレイ系の美少女には、袴姿がよく似合いますなぁwww

これはあくまで決闘だ!と自分に言い聞かせて闘志を燃やしつつも、千葉に助けられた時の事を思い出しながらおにぎりを作り出していますwww

まさか、“ひとめぼれ”だから“おにぎり(米)”っていう事なのかwww

顔もニヤけちゃって、端から見たらもうただの恋する乙女でしかないんですがwww

「じゃ、ちょっとお財布返して勝負してくる」

そしてミオは袴姿のまま、お財布とお弁当を携えて烈車を降りていってしまいましたwww

色々言いたい事を全て呑み込んで、笑顔で送り出すトカッチの優しさよwww

「うん」って頷いた後に、アヒル口になるミオ可愛いwww

「いいのかなぁ……アレ」

「もう言えば言うほどテンパるだけでしょ。既に訳分からない状態だし」

訳分からない状態www

ありがとうヒカリ、我々の想いを代弁してくれてwww

ちょい引き気味の男子3人と、素直にミオを応援する女子2人との対比がwww

緊張の面持ちで待ち合わせ場所(←一方的に決めたけど)に到着したミオ。

少し遅れて千葉が到着すると、少々武骨ながらも何とかお財布とお弁当を手渡す事に成功。

手作りのお弁当を見て笑顔になる千葉に対し、はにかんじゃうミオが可愛すぎるwww

するとビルの屋上から街の様子を見ていたマリオネットシャドーが「そろそろ仕上げかな?」と言って、徐に手にした操り系カッターから無数の糸を飛ばします。

マリオネットシャドーの糸に操られてしまった千葉は途端に下卑た笑みを浮かべ、先程ミオに手渡されたばかりのお弁当を落として無慈悲に踏み潰し始めました。

同じ頃、ミオと同様にクローズに襲われそうになった所を助けてもらった高校生の女の子も、助けてくれた男の子との初デート記念に撮ったプリクラを男の子自身に踏みつけられ、挙句に暴言まで吐き捨てられたショックで泣き崩れてしまいました。

街に降りるなりその光景を目撃したライト達は、立ち去ろうとした男の子を問い詰めようとしますが、その途端に男の子は我に返り、自分がつい先程女の子にした行為すら覚えていない様子でした。

すると失恋のショックで泣き続ける女の子の体から、濃い闇が生まれ始めます。

それに伴い、駅名もライト達の目の前で“大失恋駅”へと変貌します。

高校生の2人だけでなく、街の至る所で男性が女性の贈り物を乱暴に踏みつけ、ショックで泣き出した女性達から次々と闇が生まれていました。

まずは男性にクローズをカッコ良くやっつけさせて女性に恋心を芽生えさせておいて、後で手の平を返すように冷たくしてその想いを踏みにじらせる事によって闇を集める作戦だったのでした。

う~ん、人々から食べ物を奪って兵糧攻めにしようとしたバケツシャドーも酷かったですが、今回のマリオネットシャドーもなかなかにえげつない……。

一方、手作りのお弁当を踏みつけられたにも関わらず闇を生み出さないミオを見て、苛立ち始めるマリオネットシャドー。

痺れを切らしてミオのもとへ降り立ち、自ら挑発するように語りかけ始めるマリオネットシャドーですが、完全に油断していた為にミオが振った竹刀の直撃をもろに受けてしまいます。

「だって私、最初っから勝負するつもりで来てるから!」

( ゚д゚)ポカーン

そこでやっとミオがトッキュウジャーの一員であると気付いたマリオネットシャドーは、腹いせに千葉へと攻撃の矛先を向けます。

咄嗟に飛び出したミオに助けられた所で、ようやく千葉にかけられていた術も解けます。

「私……やっぱり守る方が落ち着くみたい」

そう言って千葉に改めてお財布を返し、クローズが襲ってくる前に逃がしてやります。

シンゴウハンマーの一騎当千っぷりがすごいwww

クローズを一掃し、続いてマリオネットシャドーへと挑みかかるミオですが、マリオネットシャドーの両足から飛び出した2体のドールに動きを封じられ、操り系カッターの攻撃をまともに受けて変身が解けてしまいます。

『オーズ』のDr.真木のキヨちゃんもですが、こういう無機質で不気味な人形って何となく怖いんですよねぇ……。

「ははは!自分を守るのは下手みたいだねぇ!」

マリオネットシャドーが余裕たっぷりに笑いながらミオを追い詰めようとした所で、ようやくライト達が駆けつけます。

「下手でいいんだよ……俺達が守るから!」

やだ、カッコイイwww

揃って変身し、いざ駆け出そうとした所で、ミオは何故かカグラに引き止められます。

「頼りないかもだけど、時々は学級委員役……交代させてね!」

そう言ってミオと自分のレッシャーを交換し、イエローに乗り換えチェンジしてマリオネットシャドーに挑んでいくカグラ。

気弱なカグラなりに、自分をフォローする為に勇気を奮ってくれたんだと気付くミオ。

カグラだけでなく、自分の為に駆けつけてくれたライト達の勇姿を目の当たりにしたミオは、自らもテッキョウクローを手にマリオネットシャドーに挑みかかります。

シンゴウハンマーに比べて近距離攻撃に適したテッキョウクローを駆使して、マリオネットシャドーの武器・操り系カッターを振り落としていくミオ。

そして絶妙なタイミングでイエローに戻り、今度は得意のシンゴウハンマーで飛びかかろうとしたマリオネットシャドーを撃退www

おっ、マスクが透ける演出って何か久々かも。

トドメのレンケツバズーカは初めてミオが担当。

“レインボーバズーカ・プレゼント倍返し”www

既にお馴染みのワゴンちゃんの「おもてなし」パロといい、今回は流行語ネタ多いなぁwww

他のメンバーに比べて、自分のイマジネーションが低いんじゃないかと劣等感を抱いていたミオですが、プレゼント箱から飛び出した巨大おにぎりで見事マリオネットシャドーを撃破してしまいましたwww

バズーカの筈なのに、何か巨大な物に押し潰されて倒される怪人が多い気がするのは気のせいかしらwww

しかし案の定、闇の力を吸収したマリオネットシャドーはすぐに巨大化。

「ならば……倍々返しで攻撃してやる!」

小学生かwww

撃ち終わった後のレンケツバズーカは、いつもトカッチが持つ係なのねwww

巨大マリオネットシャドーに対抗すべく烈車を呼ぼうとするライトですが、メンテナンス中の為に運行中止になっていた事を思い出します。

そんなわけで、今回はディーゼル・カーキャリア・タンクのサポート烈車3両を呼び出し。

タンクとカーキャリアは2人席なんだwww

男子2人だと何か窮屈そうだなwww

チケットくんから「サポート烈車同士でも合体ができる」と教えてもらったライトは、早速3両を烈車合体させる事に。

窓開けて、目視でわざわざ確認せなアカンのかwww

車内でワゴンちゃんが大変な事になりながらも(笑)、ディーゼルオーに合体完了!

ディーゼルのパイプ部分が頭部にあって、まるで闘牛の角のようで勇猛な感じですね。

トッキュウオーと違って武器を持っていないディーゼルオーですが、自らのパワーを存分に生かした肉弾戦法でマリオネットシャドーを翻弄していきます。

しかしマリオネットシャドーの糸に動きを封じられ、そのまま操られそうになります。

動揺するトカッチ達ですが、じいちゃん(ディーゼル)の力に全幅の信頼を寄せているライトは怯む事なく、フルパワーで糸を引き千切ってしまいました。

拳を地面に叩きつけて衝撃波を起こす“ディーゼルオー・インパクト”で、地上に倒れ込んだマリオネットシャドーを追撃。
(↑シンゴウハンマーの戦法に似てるかも?)

構造上、走り方が何か可愛らしいディーゼルオーwww

そしてトドメに両足を回転させる“ディーゼルオー・スピンキック”をお見舞いし、圧倒的パワーを見せつけて見事マリオネットシャドーを撃破しました!

マリオネットシャドーが乗っ取った“大失恋駅”が消滅し、作戦が失敗した事でノア夫人から小言を言われてしまうネロ男爵。

ところがプライドの高いネロ男爵にしては珍しく殊勝な返事だった為、ノア夫人はやや拍子抜けした様子で高笑いしながら立ち去っていきます。

しかしネロ男爵に悔しがっている様子はまるでないので、また何か更に新しい作戦を始めようとしているのか?と勘繰ってしまいますね。

メンテナンスも無事終了し、ディーゼルから降りて再びレッドレッシャーに乗り込むライト達。

ワゴンちゃんのワゴン(ややこしや)を引くのをさり気なく手伝ってあげるミオ、やっぱり世話焼きリーダーだなぁwww

いや~、今回は初のミオ単独回……とにかくミオが可愛すぎましたwww

明らかに千葉にときめいているようにしか見えない顔とか、その後のブレッブレな行動とか、逆に千葉を守ってあげる時の逞しい表情とか、本当に彼女の魅力全開でお腹いっぱいでした。

「私……やっぱり守る方が落ち着くみたい」という再確認するような台詞も、靖子にゃん作品に多い“強い女性”の象徴っぽくてカッコ良かったです。

公式で『家事全般が得意』という設定がありながら、これまで掃除のシーンしかなかったので、今回ようやく彼女が料理を作るシーンが出てきましたねぇ。

3話でライトが夜食用に持っていたおにぎりも、売り物にしてはやけに手作り感が強かったので、案外彼女が作ってライトに手渡したものだったのかなぁ?なんて、ふと思ったりもしましたwww

ただ、マリオネットシャドーに操られていただけなので仕方がないというのもありますが、正気に戻った千葉がミオに対して何のフォローもなかったのがやや残念ではありました。

『お弁当を踏みつける』というなかなかショッキングな行為をやらかした為、最終的に操られていた時の非道な人格が強調されてしまったので……。