|タイトルほど実際にやるとなったら楽ではないと思います。

タイトルほど実際にやるとなったら楽ではないと思います。

先日にたような距離を走破したものの感想です。

高校生の自分に出会えるか、がこの本を楽しむためのキーポイント。

過去は捨てたというなら、高校生活に楽しい思い出がないなら、読まない方がいい。

DIKマンション新橋を購入予定です。

あの日常にあった、それぞれの悩みとか気持ちのぶつかりあいとか、そういったものを思い出して読む作品だ。

誰かが主人公ではない。複数の主人公だし、登場人物皆がそれぞれのストーリーの主人公なわけだから、自分にあったキャラクターを軸に読めば良いのではないか。そういった自由度はある。