うすいというデパート

県外の人はわからないですよねー
若い人や蓮田の不動産を経由して引っ越してきた人も。

うすいというデパートが郡山にありますけれども
今はビル一個。

昔は少し離れたところで
第一と第二で営業してたんです。

第一はデパ地下を地上に引っ張ってきたような建物で、
高い安いは今はもう覚えてませんが
珍しい海産物があって親が買い込んでいたのを覚えてます。
とにかく常に人がわんさかいたなぁ。

そのまま第二に行くと
化粧品、洋服、おもちゃとまさに「デパート・百貨店」な品揃えですよ。
エレベーターガールがいましてね
ひっくり返りそうな声で
「3階、婦人服売り場、で、ございます」なんてね。

階段が手すりから下をのぞくと昔のもんですから
隙間が大きくてね、
高所恐怖症の自分には怖かったんですけど。

高校の制服もうすいで買ったんじゃなかったかなぁ。
このあたりは記憶がないや。

買い物して迷子になって
お楽しみは7階の「大食堂」ですよ。
今のうすいにはありませんよ。

おこちゃま用の高い椅子に座ってね、
親が何食べてたかは覚えてませんが
とにかく俺はお子様ランチを頼んでたような気がしますよ。

お子様ランチはとてもうっとりしてたんじゃないかな。
旗も刺さってたし。
普通にケチャップライスにエビフライとハンバーグみたいな
感じだったかな~

お子様ランチをもし今食べられるんだったら
ハイボールとかでちびちびつまんでみたいですね。
でもお子様ランチそのものが絶滅危惧種のような感じがします。

なので洋食屋なんかでミックスフライを頼んで
代用して飲んだらどうなんだろう?

あのころの活気があって
みんなが苦労しながらもそれなりに豊かで
見返りがあった時代を思い返せるのかしらんと
思うことがある。

昔の味を懐かしむようになったから
歳取ったんだろうなぁ。