それを楽しみに、勉強頑張ればいいや

後ろ姿が秋な図ーーー!!

すっかり秋らしい後ろ姿ですけれども(*´∀`*)b

会社から鉄飛坂マンションへ帰りは、20度を下回るので
半袖だとと~~っても寒いのですよ~~w

結局、レジディア後楽園の扇風機を使ったのは2週間程度だった(´・ω・`)

短い命だけれども、蒸し暑い時はほんとに暑いから
やっぱり必要なんですよね~~

でももうしまってもいいかもしれない(´・ω・`)

昨日まで「エクセルシオール日本橋の部屋着=半袖・短パン」でしたが、
今日から「部屋着=半袖・スウェット」になりましたw

ベッドはタオルケットから、夏用の羽毛も追加ですw
少しずつ、部屋の様子が秋になりつつアリますよ~~(*´∀`*)ノ

さて、8月も最終週になりましたけど、

来週からはいよいよ、東京出張でございます(*´∀`*)

いつものごとく一人出張ですが、
今回は「お受験」という大事な使命がありますので、 せっかくの東京出張ですが、夜はホテルに缶詰で 時間が許す限り、勉強するのであります(´・ω・`)ショボン

しかし、それだけでは足りないので、
衰えた記憶力を補うため・・・、日々、仕事が終わると、
居残ってせっせと勉強をしてるRですが、
今日も1時間ほど、居残り勉強をして帰宅です。

来週の出張時も、昼間は受験のための講習があります。

夜は時間があるので、いつもの出張なら「食べあるき」だけども
今回は無理そうだな~~

週末、パークコート目黒青葉台ヒルトップレジデンスの実家に帰るからその時は美味しいものを食べよう(*´~`*)♪

それを楽しみに、勉強頑張ればいいや

火曜日は夕方まで仕事して、そのあと移動だけなので、
火曜日の夜くらいはなにか美味しいものでも食べようと思いますが
それでも、遠出はできないので、ホテルの近場で食べる事になります。

は試験が終わるまで憂鬱だ~~(;´Д`)~3

は~~(;´Д`)~3

でもさ、前哨戦としょうして、
今週は後半から「グルメイベント」がたくさんあるんだ(*´∀`*)b

・木曜日~~埼玉の友達と食事
・金曜日~~1人ディナー
・土曜日~~女子会ランチ

もともと予定していたもので、だいぶ前から予定が入っていたのですが
こんな具合で、グルメ祭りになりますので、
東京出張の受験前に少しは楽しむ予定です(*´∀`*)b

太らないように注意しなきゃ~~(*´∀`*)

東京出張では、ホテルでビリーするハメになるかな。
でもさ、運動したほうが、勉強ははかどりますね。

お腹いっぱいでゴロゴロしてたら勉強できないから
来週の出張では、研修~受験までは、
夜はコンビニ飯なんかで控えめにして、ビリーで運動して
頭の血液循環を良くして、効率よく勉強したいとおもいます。

色々ギュギューとつまった予定ですが、

食べ物で、楽しみなこと・・・
受験勉強で、嫌なことが入り交ざって
楽しいんでいいのか、辛いのかわかんないや(*´∀`*)えへへ

ダイエット

ダイエットと言うより単純に食べ過ぎてた食事量を一般的な量にしてるだけなんだけど1ヶ月以上は経過したかな?

美味しいもん沢山食べたいのよ。
これみんな同じ。
だけどみんなはある程度でお腹が満たされるから調子に乗らない限り食べ過ぎる。って事は無いとおもう。

自分の場合はキャパがあるのか満腹中枢ブローしてんのか、食べ過ぎないと満腹にはならない。

だから意識してこれだけ食べよう!って決めないと朝昼晩本当に食べ過ぎてしまう。

一般的な量は食べてるのでエネルギー不足って事は無いと感じる。
その証拠に昼まで持つし力が入らないって事もない。

以前は今の3倍は食べてたから消費しきれないエネルギーを朝から蓄えてたんだねーって実感。

昼もみんなと同じ仕出し弁当のみ。
以前は菓子パン二つ追加で食べてたしね。

夜は相変わらず外食のみで出なければ食わない。

外食は折角美味しいもん食べるのに遠慮しちゃつまらないからガッツリ!

それでも以前より食わなくなった。

夜は特別食わなくても空腹でイライラしたりもないし、その分朝飯ガッツリって事もない。

不思議とゲッソリしないのよ。

あまり食べないとエネルギー消費を抑えて逆に痩せにくい体になるんだけどね。

やっぱ引き締めるには運動ですかねー?

ただ面倒で面倒で続かないんだよね。
何だかんだ仕事で動きまくってるしさ、く世田谷区の格安賃貸に帰宅して運動する元気はあんまない。

体重はただの目安で何の目標にもならないけど90キロ台前半にはキープしときたいね。

それ以下の体重を目指すと筋力落とさないと厳しそうだしね。筋力は落とすわけにはイカン!

無駄を減らして筋力で増やす。

そうなるとレスラー体系から絶対に脱する事は無いんだよなー。

とりあえず今の現場やってる間は食事量制限で様子みましょうかね。

定期を買い替えました

今日は昼前から仕事。出勤時に買い替える予定だった定期が改札で引っかかり、駅員を呼んだりしていたら雨が降ってきました。う~ん、朝からツイてません。仕事の方は無事に終わったと思ったら変更点が一つ起きたり、御飯に行こうかと思ったら上司がやってきて永遠とやらなくてもいい作業をやらされるハメに。。。。。 なんだかなぁ~。ちなみにそれが原因で帰る時間はそこそこ遅くなってしまいました。

仕事後は定期を買い替えました。今回は磁気定期でも更新できる機械を選んだみたいでなんとか買い替えられました。東京ドームへ行くのに少し不便ではありますがその不便以上に便利な部分もあるので個人的にはOK牧場です。ま、ガラパゴス化しているのは確かですけどね(汁)

御飯を食べて飯田橋の賃貸マンションに帰宅。速報で巨人が負けていたのでダメ元でテレビをつけたら阿部がお立ち台でヒーローインタビューに答えてました。勝ったのが分かったのでその後に放送されたハイライトを観て、プロ野球ニュースまでハシゴしました。あとは今度、行く旅行の足と宿を取ったりしていました。

そして、気付いたら今の時間です。昨日はそれなりに寝たのに今朝から微妙に頭痛がして体調が悪いので今日はもう寝たいと思います。それではおやすみなさい。

45才の誕生日です

はい、こんにちは。キラ兄です。いやー、遂に明日、45才の誕生日ですわ。びっくりですよ。もう、唖然を通り越して、ポカーンポカーンですよ。45年もよく生きてきたと思いますよ、本当に。
それで久々に日記でも書くかと思ったが、何を書こうか??あ、合宿、合宿。そうそう、先日、23日、24日と滋賀県の高島に1泊2日の合宿に行ってきた。プレゼン・スピーチ練習会の合宿だよ。
つっても、去年に引き続きオレは1日目の昼過ぎから途中参加やけど。何と、朝仕事が終わって東京で不動産売却して、買った自宅にいったん帰宅してからの出発。・・・やるなぁ、年やのに。まぁ今年はこんなパターンが3回もあったが・・・。
予定では2時ぐらいには高島に着く段取りであった。・・・しかし、段取りも何も、JR大阪駅の京都線ホームにて、ポカーン。何処行きに乗ったらいいのかさっぱり分からんのだ。45才目前にして地理・交通の分野については小2レベル。ホームにいた駅員さんにすがりつき、とりあえず京都まで行き、湖西線に乗り換えると目的地の安曇川に行けると知る。駅員さん、ありがとう。
そんで電車の中でゆっくり読書でもしながら、旅気分を味わおうとしたが・・・。京都から乗り換えた湖西線が何とイスの向きの方向と反対に動き出したのでびっくり。オーマイガッ!え、これ、進行方向逆やろ?京都ではこれが普通なのか??阪急じゃありえんぞ・・・。などと1人呟きながら、すっかりいい感じで旅気分。
で、列車は晩夏ののどかな田園地帯を進んで行ったのだが・・・。京都では晴れていたが、安曇川に着くあたりでポツポツと雨が降り出し、駅を降りたら見事な豪雨。折り畳みの小さい傘を差しつつ、豪雨の中1人ポツーン。この見事なタイミングでの豪雨に笑えてきた。実際、笑った。
しかしその豪雨の中、去年の記憶を頼りに最寄りのコンビニに行き、昼メシを購入。ついでにレインコートを購入。
それからタクシーに乗り、止まない豪雨の中、一路合宿地の黒谷を目指す。20分ぐらいかかるのが、その間運転手さんとの会話はゼロ。皆無。去年は運転手さんからイノシシ狩りの話を聞いたりしたが・・・。まぁ、豪雨なんで運転手さんも運転が嫌やったんでしょうね・・・。
それにしても物凄い豪雨。フロントガラスの前が雨で真白。こんなの初めて経験した。・・・でも、何だか気持ちは浮かれてきた。
黒谷に到着。まだ豪雨。ビショビショになりながら合宿所の入口前で主催のさはらさん、かよさんに電話・・・。2人とも出て来ず。まぁ、忙しいから仕方ないが、何か寂しかった。
と思ったらかよさんが降りて来てくださった。忙しい中、ありがとうございました。

それで、オレは皆がセミナーを受けたり、課題をしたりしてる間、夜まで仮眠することになったのだが・・・。
・・・雷の音がうるさくて寝られへんわ!!

ゆる~い散歩会

のらにゃんパークハビオ恵比寿の散歩、という、タイムスケジュールも立ち寄る場所も風まかせのゆる~い散歩会がありまして、このメンバーで21日江ノ島に行ってきました。

のらにゃん というと、にゃん亭の野外編みたいだけど、きっかけは今年まだ寒い頃の、山谷を歩きませんかというマイミク恵須氏からお誘い。やはりマイミクのイザベルさんと三名で歩き、「ああ楽しかった…これからも時々やりません?お散歩会」とイザベルさんが言いだし、のら猫のように気ままにほっつきまわる~の意味でスカイコート月島に住んでいる彼女が命名。

前回は藁葺き農家のおもしろ蕎麦屋+栗平田舎道散策のわが家周辺、今回は三度目ののらにゃん。はじめ、レジディア水道橋の別の友人と会ってた時に海と魚を見たくなったわたしが、江ノ島海岸行こーと叫びそのひとと約束したのだが二人のスケジュールが合わなくて、次回は秋口?と言っていたのらにゃんに提案したのである。

イザベルさんにお誘いメールを出したら 快諾と共に お茶の野点セットを持参する…と。え!炎天下に海岸で野点?まさか着物着て茶釜持って来ないよね?????
とクェスチョンマークが並び、いいね~とも何とも言いようなく 恐れと好奇心が混ざるまま当日にまかせた。

当日は猛暑で恵須氏と待ち合わせた鶴川駅に着くまでにぐったりしてしまったわたしだったが、片瀬江ノ島駅に着いたら海風が吹き渡り我が家界隈よりはずっとしのげる気候。

小田急の途中から半分づつ行く先が変わるというややこしい列車編成にたぶらかされ遅れて来たイザベルさん、スカート姿ではあったが、着くや野点の場所を探しはじめる。なんか使命感に燃えてる感じで文句なんか言えず。やはり海が見える所で と海水浴客で賑わう海岸へ

ぅぅ~いくら風あっても海岸は暑いぃ と日陰を探すが 僅かしかない木陰のベンチは先客でいっぱい。
砂浜も、恵須氏に大きな目をしばたかせ「これじゃ仙人も落ちるぅ~」とうならせたぴちぴちビキニのお姉ちゃんや派手なパンツのお兄ちゃんでいっぱい。

ようやく大岩が瓦礫のように積まれたぱっとしない一角に腰を降ろす。野点は水で溶いたおうすと簡易なものなれどちゃんと茶筅で陶碗に立ててくださったのを頂いた。駅前でイザベルさんが氷を買おうとしたのをどーせすぐ溶けちゃうよー、と止めたのを後悔。お茶は気付けによい味でおいしかったが冷たかったらもっとよかった。桔梗のお菓子も涼しげだったが、炎天下のお手前はやはり風雅の前に暑さがこたえたのだ。しかし インパクトある滑り出しではある。

野点の後は、わたしとイザベルさんは波と風にゆられながら裸足で砂浜散歩。恵須さんは観察。芋洗い軍勢を無視し足裏の感触に集中する。やはりアース効果か、何かが足裏から抜けやわらぐ感じがあった。

海から上がり、値段ばか高い休憩所街の裏で足の砂を落としていると日が傾いてきた。海水浴場は五時閉鎖です海から上がって下さい~と放送が流れる。3時に待ち合わせもう夕方。イザベルさんがホットドッグを買い恵須氏もお腹がすいたみたいなので持参した全粒粉マフィンを出す。シナモンの香りがおいしい気に入りのパン。海岸でアボガドサンドを作りお振る舞いする心積もりでマヨネーズやナイフも用意したのに、鶴川OXに食べ頃のアボガドがなくチーズマヨパンに。

海と並び目当てだった水族館に向かい、正面に回ってショックを受ける。
混雑は予想していたが 予想を越える長蛇の列が幾つも…よく見ると人群れは道からでなく海岸から来てる。そうか海水浴場が閉まり芋洗い軍勢が流れてるんだな…

順を間違えた、新江ノ水のこの夏のウリのナイトアクアリウムとかいう夜の深海を演出した夕方からのイベントを逃しても、まず水族館へと向かうべきだった…と、わたしは悔やんだが、どうする?と言われ、ここは歯をくいしばり並んでびっしりの頭ごしにお魚見よう!!と頑張る気にはなれず、土産物売り場の隣の新江ノ水カフェであまりおいしくない珈琲を飲みながら、「どっかでシラス丼でも食べながら考えましょ、ちょっと電車乗って鵠沼海岸辺りで降り夜の浜辺散歩とかどう?…」と提案。

駅方面に歩きだし、誰もいなくなったテーブルとベンチのある一角を睨みながら「わたしも順まちがえた。今ならテーブルで野点できたのに なんであんなくそ暑いさなかに苦行のような…」とイザベルさんもぼやく。ま、あれはあれで過ぎれば面白い思い出~。

江ノ島に渡る路にさしかかり、せっかくだから江ノ島行かない?とイザベルさん。わたしも島を見て同じ事考えたので即了承。江ノ島も入り口界隈は賑わっていたが、下ってきた人のほうが多く海岸の賑わいとは雲泥の差。

江ノ島なんて、手前の海には来ているが渡るのは子供の頃以来。赤い鳥居の石段を目指しながら土産物屋に立ち寄る。三人共江ノ島というと思い出す子供時代の土産の記憶がある。わたしは貝殻細工と買いはしなかった白蛇のマスコット、恵須さんは練り硝子の小さな黒人ミュージシャン、イザベルさんは椰子の実でできた南洋風マスコット人形…。店に入ったらなんと全部あった!。椰子のマスコットは南洋土人ちゃん(差別語でしょうがそう呼ぶしかないキャラクター)の顔がカップになったのが一点きりだったが。
その子に流し目送りながら、でも今のイザベル的には…とイザベルさんが乙女ちっくなハート型の貝殻細工の宝石入れを購入。奥の硝子棚には何千円何万円もする貝殻が並んでいて、うち幾つかはグランハイツ池尻のわが家の風呂場にも転がってるものだったのでびっくり。イザベルさんは別の店先でもイタリアから輸入したという石彫風のおっさんの口に手を突っ込む奇妙な占いも試し、三人の中でただ一人気前よく観光客気分を楽しんでいた。

エスカーという野外エスカレーターは、小学校の遠足で来た時はなかった。長ーいのかな?とちょっとそそられたが、せっかくだから歩きますわよわたくしは、とイザベルさん石段を上り出す。そうよね、と歩き出して早くも蚊に襲われた。
お清めのお水で手や口をすすぐ。時間が時間なので弁天様は拝めなかったが、あちこちに灯籠が配された夜の参道はなかなか。

右にコッキング苑 左洞窟の表示を見て、コッキングて何?誰?とか言い合いながら(後で検索したら江ノ島に当時の日本最大の温室を持つ別荘をこしらえたリッチな英国人貿易商さん。関東大震災で壊れいまは跡地がガーデンになっているとか)、わたしの強い希望で洞窟へ向かう。
途中の見晴らし台ですっかり夜になった海と星空を眺め、恵須氏とイザベルさんが昔の思い出など語らう。

そのあともタイガーバームガーデンを思い出させるキッチュなけばい仁王像のある寺の前を通ったりしながら、ウネウネ歩いた。
洞窟まではなかなか距離があり、行き違う人もしだいにまばらになり、道も狭まり、イザベルさんが帰りを心配し始める。電車あるのかしら?…、えっ?と時計を見てまだ6時48分だよ~と言うと、そうよねさっき日が暮れたんだものね、でも夜中みたいじゃない?時間感覚狂ってきたぁ…。そうだね何だかずっとぐるぐる島を巡っている気分ね…と言い合っていたら、女子のお喋りに少し気圧され気味に見えた恵須氏が蘇ったように手塚漫画火の鳥からの、時間のループの中で若き日の自分に殺される尼の物語を語った。

闇にばかされたようなな時間感覚と尼の話から、ぐっと濃密になって来た江ノ島散歩…クライマックスは洞窟と思われたが、途中の表示に入れるのは6時までとあり、ちょっとがっかり。でも行けるとこまでは、ともう一息かなと思われる急な階段を登る。途中の民家の一軒には東洋大学ヨット部合宿所と札がかかっていて、台所の窓からのぞいたら男の子達がまじめな顔でなんか作ってた。

あたりはどんどん暗くなり、イザベルさんを白蛇伝か牡丹灯篭のお嬢に見立て「わらわのおうちはどこじゃ~」「まぁだまぁだでございますよぉ~」と怪しい会話を遊び登ったり降りたり。ようやく芭蕉の句碑(江ノ島で読んだ句じゃないらしい。なんでここに?)やら何やら石碑が並んだ洞窟の真上に着いたが、そこから下るのは暗くて足元が危なそうだったので、上から海が入りこんでいるらしい窪みを眺めて満足し引き返すことに。
長く歩き足も疲れ、同じ道を引き返すしかないと知って気分がへたったが、帰りは意外と早かった。

三人の中ではイザベルさんが一番健脚。膝が悪いわたしは階段が心配だったが、砂浜でゆるめといたせいか、なんとか息は切らさず着いてゆけた。一番疲れた様子で気の毒だったのは恵須さん。

駅付近の麺以外にもいろいろあるラーメン居酒屋で夕飯に。女子2名はシラス丼定食 恵須氏は筋煮定食を食し Macで珈琲飲んで帰宅。

何も買わなかったわたしだが土産あり。虫さされの水玉模様が十個あまり 。スカートにノースリーブで行ったのがあだになり太モモ中心に腕にも。
島で恵須さんが「蚊が少ないみたい。まだ刺されてない」と言ったので「わたしが居りますから」と答えた。自慢じゃないけど生ける蚊避けと言われる身。グループには蚊避け 自身には蚊寄せで、わたし一人刺されまくる。蚊でなく海辺の別の虫だったのか 今も赤い点々がディープな江ノ島のらにゃんを思い出させてくれてる。

レフト4デッドなるゲームを遊んでました。

レフト4デッドなるゲームを遊んでました。
普通のゾンビとか普通じゃないゾンビと戯れながら帰宅を目指すゲームです。
散弾銃や日本刀などでスキンシップも図れる優れもののゲームです。

実は私のパソコンは6年ちかい前の新型でして、なかなかにハイスペック(棒読)であります。
たまに挙動がおかしくなったり、敵がワープしてたりしますが、なんとか遊べてます。

しかし、FPSはやっぱり面白いですね。
ばんばんきゃーきゃーしてます。
だが27のおっさんである。実際は結構見苦しい。

うむ、前に買ったガンダムよりは頑張れそうです。
正直、ガンダムは動きについていけなかった…
こっちはへたくそなりにバンバンしてればいいので楽しいです。
まぁ、女の子と一緒に寝るのに比べれば楽しくはないですけどね。

日付が変わってしまったのでちょっと遊んで終わりでしたが、気が向いたらまた遊びたいと思います。
ストレス発散にはならないですけど、まぁ時間はつぶせますね。

さて、明日のお仕事に備えて寝ましょう。仕事の後は福生市の不動産を回る予定です。